読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー前半野郎の婚活

いわゆる婚活を始めてはや1年。今年中の結婚を目標に、日々婚活奮闘する模様をダラダラ書いていきます。

美人は要注意

3連休中日の本日は、31歳役員秘書のEさんとのコンタクト。

いつも通り早めに現地到着し、周辺で候補となるカフェを2つほど発見し、10分前に待ち合わせ場所へ到着。Eさんのプロフィールをもう一度念入りに確認しながら、彼女を待ちました。

蛇足ですが、早めに行ってカフェを事前に目星つけるのは、私はコンタクトのたびに必ず実施しています。コンタクトと言っても一応簡易的な「お見合い」になるので、流石にガヤガヤしてるようなカフェに入るわけにもいきません。なので、ゆっくりお話出来そうなカフェを見つける必要性があると考えています。

そして、事前に目星つけておけば、実際に会ってから、ウロウロすることもなくなります。女性はこういうところもチェックしているはずなので、ここでサッと案内できる方が間違いなくポイントアップと考えています。

 

さて、Eさん。秘書をされていることからちょっとだけ期待していましたが、なるほど確かに綺麗な方でした。写真より現物の方が良かったです。31歳より若くみえましたし。自分のお顔さん基準値は余裕でクリアです。

しかし、綺麗な人ほど要注意なのが、この婚活界。綺麗な人は当然多くの男性からのアプローチを受けてきているはずで、それなのにこの婚活界に身を置いているということは、何かしらの致命的欠点がある可能性が高いのです。もちろん単純に出会いがないだけとかいう可能性もありますが、その可能性は低いと言わざるを得ません。美人は出会いがなくても、男を引き寄せる力をもっています。

出会ってから最初の方の段階で、その原因が何なのか薄々分かった気がします。Eさん、極度の人見知りなのか、話すときに全く顔をみませんでした( ・_・;)  最後の方はちょろっと目を合わせてくれましたが、何か終始キョロキョロしてたような気がしますね。私も人見知りでは引けを取らないですが、恐らく私以上かと。。Eさんはこの極度の人見知り具合で、今まで結婚と縁がなかったのかなあと想像しました。

 しかし、そんなEさん好感をもてたのは、それでも一生懸命話してくれたことです。本来はお喋りな方なのでしょう。こちらから質問振ると色々話してくれました。それに答えると、きちんとこちらにも質問を投げてくれました。心を開いた友達との会話では、楽しくお喋りしていることが想像できます。きっと心を開くまでは、無意識で人見知りモードになってしまうのではないでしょうか。これが事実であれば、全然マイナスポイントにはなりません。誰にもそういう所はありますからね。

とりあえず、お顔さんの基準値をクリアしたことと、その一生懸命さから、私はOKを出しました。Eさんも私にOKを出して、仮にEさんとの交際が成立したら、その閉ざした心を開いてもらうよう頑張ってみます。

コンタクト結果はまた後日。