読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー前半野郎の婚活

いわゆる婚活を始めてはや1年。今年中の結婚を目標に、日々婚活奮闘する模様をダラダラ書いていきます。

三次面接開始(団体職員Mさん)

こんばんは。

一昨日の日曜日は、36歳団体職員Mさんと三次面接でした。

当初は博物館に行く予定でしたが、その隣に美術館もあり、何故か無性に絵が見たくなったので、

『急遽変更で申し訳ないんだけど、良かったら美術館にしない?』と聞いたら、『OK!』とのことだったので、美術館に行くことになりました。

普段ほとんど美術館には足を運ばない私にとっては、絵画というのはなかなか新鮮でいいものでした。美術の知識など皆無ですが、ボーッと眺めてるだけでも、意外と癒されました☆

一方でMさんは、たまに足を運ぶらしく、『楽しみ方なんて人それぞれでいいんだよ』と、ベテラン感たっぷりでしたねσ(^_^;

美術館の中では、そんなにお互いに会話を交わしませんでした。順々に絵をみていく中で、『これはどういうシーンなんだろう?』とか、『あ、ドラクロワは知ってる』などという会話をしてたくらいです。

約1時間半ほど美術館にはいたでしょうか。一通り見終えたので美術館を後にし、ずっと立っていて疲れたのでカフェで一服することに。

そのカフェでも、お互いの最近の出来事とか、仕事のこと、家族のこととかいう普通の話をし、そのうち日も暮れてきたので、ちょっと早いけど夜ご飯を食べに行こうということになりました。

実はこの日の前に、メールのやりとりで、夜ご飯はお好み焼きを食べに行こうという話になってたので、事前リサーチしていたお好み焼き屋へ。ところが、このお店に着いたら何とお休み(>_<) しかたないので、近くのお店をググって、別のお好み焼き屋さんへ行きました。

まあまあ空いていたので、仕切りのある半個室みたいなとこに通され、2人で生ビールで乾杯しました。

 明太もちチーズもんじゃとキムチをつまみながら、アルコールが進んでくると、このあたりから少しずつ突っ込んだ会話が始まります。

Mさんは、『Takebayashiさんて、このシステムの中で実際に付き合った人いるの?』とか、『どうやったら真剣交際にいこうっていう気になるの?』とか、結構グイグイ聞いてきました。私が婚活界では先輩という立場だからでしょうね(^。^;) Mさんは婚活始めてまだ2カ月らしいですが、既に段々疲れてきてしまっているようでした。本当にこのまま続けていくことで結婚出きるのか!?という不安が出てきているようです。

そのうち団体職員Mさんは、とある質問から、私に対するちょっとした不満をぶつけてきました。

(※今日は酔っ払ってるので、本日はここまで。続きは後日)