読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー前半野郎の婚活

いわゆる婚活を始めてはや1年。今年中の結婚を目標に、日々婚活奮闘する模様をダラダラ書いていきます。

合コンその1

こんばんは。

昨日は相談所での婚活ではなく、取引先の人が開いてくれた合コンに参加してきました。婚活の一つ?として一応ご報告しときます。

人数は4:4の8人。始まりが女性陣の仕事を考慮して、20時半スタートと比較的遅い時間になりました。

男メンバーは、取引先同僚(M1)、取引先の前職先輩(M2)、男幹事である取引先の高校友人(M3)、わたしの4人。女性陣は、女幹事である取引先の飲み友達(F1)、そして、その飲み友達の友人3人(F2,F3,F4)でした。

男性も、そして女性陣同士もほぼ初顔合わせという、全員が手探り状態での合コンとなりました。私を誘った肝心の取引先の人は直前でのドタキャンで来ず。。

8人もいるもんですから、必然的に4対4となりました。最初の席順で自然とペアが決まり、男性陣は私と男幹事M3のペア、M1とM2がペア。女性陣は、女幹事F1とF2、そしてF3とF4がペアとなりました。

最初我々のペアは、女性F3とF4ペアとのトークとなりました。F3とF4同士も初顔合わせという事態で、全くトークが盛り上がりません(+。+) 流石にこれはまずいと思い、頑張って仕切ろうとしました。しかし、私のペアのM3が自分が幹事だと言わんばかりに、お前はすっこんでろ的な臭いを出してきました。飲み物頼もうとしたら、そいつが、

『いや、まだ女性陣が選んでるから』と遮られたりして、こちらが先導したトークを展開出来ません(x_x) 隣の4人はそこそこ盛り上がってるというのに。。

じゃあ、お前(M3)がこのグループを盛り上げろや!と思ってこちらが大人しく黙ってると、もうほんとお通夜状態( ̄。 ̄;) 『ダメだこの幹事わ…』と思い、こいつを無視してこちらが勝手にトークを展開し出すと、女性F3とF4も徐々に緊張が解けてきて、少しずつ喋るようになってきました。こっちはダテに婚活市場で戦っているわけじゃありません。自然とトーク力に磨きがかかっているのでしょう。

ちなみに、話を聞くとF3は病院事務、F4は税理士事務所で事務をやっているとのこと。F4は、今回の4人の中では一番可愛かったですね。一方のF3は、失礼ながら正直ちょっと微妙。。女性版アキバ系といった感じです。F4が可愛いということもあってか、てっきり一番若く見えましたが、歳的にはF3と一緒で31歳でした。マジで20代に見えたので驚きです。ちなみに、男幹事のM3も同い年の31歳。私以外全員アラサー。。(;´Д`) 歳を聞いた瞬間何だかここに居ていいのか、不安になってきました。

お互いの自己紹介的なところを一通り喋ったところで席替えとなり、今度は女幹事であるF1とF2のペアとのトークとなりました。

(続く)