アラフォー前半野郎の婚活

いわゆる婚活を始めてはや1年。今年中の結婚を目標に、日々婚活奮闘する模様をダラダラ書いていきます。

男気あり

こんばんは。

あの後ブログをアップしてから程なくして、AさんからLINEがはいりました。『本当ごめんなさい!明日だと勘違いしてました!』そして、普通にジムに行ってたとかで、最後にジムでトレーニング中に飲んだであろうペットボトルの写真が送られてきました。いや、別にジムにいたこと疑わないから( ̄。 ̄;) 日にちを間違ってたことも疑っちゃいません。実際うっかりしてたんでしょうね。

ただ、時間と場所が最終的に決まったのは、前々日の14日。その時私は、あえて「16日」と「明後日」というワードを入れているんですけどね(-。-;) それに私が逆の立場であれば、『予約のキャンセル費とかかかってますか?申し訳ありません。次回埋め合わせさせて下さい』とか入れますが、そんなのもないですし。実際今回コース予約まではしてなかったので、キャンセル費はかかりませんでしたが、コース予約していたら間違いなく料理のキャンセル費はかかっていたはず。そういうのを払わせたかもしれないことにまで気は使わないのでしょうか(ーー;) どうでもいいトレーニング時の飲みかけのペットボトルの写真を送ってきて何をしたいのか、意味不明です。愚痴ばかりが出てくるので、これで終わりにします。スミマセンでした<(_ _)>

さて、話は変わり、16日の35歳CAさんとのファーストコンタクトについてご報告します。会う前によくよくプロフィール見てたら、正確には「元」CAでしたσ(^_^; 今は普通の会社で財務関係の仕事をされているようです。

会ってみると、確かに元CAってだけあって、とても背が高く、綺麗な方でした。可愛い系というよりは、美人系ですね。今でも十分モテるでしょうに。しかし美人の婚活女子には注意しなければなりません。

CAさんは美人でありながらとても男気あふれており、独りで辺境旅行に行くのが趣味とのこと。それは国内ではなく海外がほとんどで、一般的に人気が高いハワイとかパリとかではなく、例えばアフリカのジンバブエや南米のボリビアなど。ニューヨークとかパリとかはCA時代によく仕事で行ってたとのことで、もうあまり興味がないのだとか。さすが元CA(°°;) 経験が違いますな。。すごいのは、そういうところに独りで突っ込むところ。これはなかなか勇気がいることです。私も一人旅は好きですが、さすがにアフリカや南米には若干抵抗はあるかも(^。^;) どうしてそんなところがいいのか尋ねてみると、『だって、動けるうちにそういうところに行っとかないと損じゃないですか』とのこと。なるほど、確かにそうですがσ(^_^;

そんな話を聞いていると、ふと(この人と結婚したら、すごいお金かかるのかな…)などと思ってしまいました。一年に数回行くらしいので、相当のお金がかかっているはず。実家暮らしらしいので、そんなに出費はないのでしょうが。結婚したらさすがに控えるのかもしれませんが、最初から余計なこと考えすぎですかねえ。。。

また、話してて価値観がちょっと合わないかもなと思ったことが2つ。一つは食べ物のこと。何を好んでよく食べるのか話してるとき、CAさんは全体的に薄味が好きということでした。一方の私はガッツリ濃い味好き。好みの味が大分異なるようでした。この辺りはそんなに気にすることでもないのかもしれませんけどね。既婚者の意見を是非聞いてみたいものです。

もう一つは、休日の過ごし方。私は休日時間があればよく喫茶店やカフェに行き、ひたすら読書するのが好きなんですが、CAさんからすると、カフェなどで本を読んだり勉強や仕事をしたりして過ごすのは考えられないそうです。そんなのは家でやればいいという考え方のようです。この辺りの価値観違いが、ちょっと気になったところですかね。

ただ、CAさんのコミュニケーション能力は高く、楽しく会話を続けられ、笑顔も多く、全体的に好感は持ちました。本当はCA時代のことについてめちゃめちゃ聞きたいことがあったのですが、この辺りはさすがにファーストコンタクトでは聞くのは無理でしたσ(^_^; CAさんがどのように感じたかは分かりませんが、私は「交際OK」返事を出しました。なお、現時点で結果は出ていません。感触的には正直五分五分です。

最後に、先日こなした2件のファーストコンタクト結果ご報告。まず、7日にコンタクトした32歳Nさん。こちらは残念ながら交際不成立。理由は、「会話のテンポ・リズム」。私との会話が不快だったんですかね(・_・;) また、12日にコンタクトした35歳Mさん。こちらは交際成立しました。

そして交際中の31歳Sさん。こちらは本日三次面接予定でしたが、当日ドタキャンくらいました(T_T) 本当は昼間から会う予定だったのですが、今朝熱が出てしまったということでした。まあ、こればかりはしゃーないんですけどね。。何かもう斬られそうな予感がプンプン(;´Д`)

ここ最近出会いも増え、年末までに一気にどこかで決めてやる予定だったのですが、何だかうまく流れに乗り切ることが出来ません(ノД`) うまくいくと思ったら、何かつまずくんですよね。。自分の責任かな。年末まであと1ヶ月ちょい。だんだん黄信号が灯ってきました。

ありえない女

こんばんは。

本日は35歳CAとのファーストコンタクトでしたが、その報告の前に、ちょっと有り得ない女性がいたので触れておきます。婚活番外編として下さい。

事の発端は、先週9日に遡ります。本ブログにはアップしていませんでしたが、実はこの日とある合コンに参加していました。

どういう伝手で実現したかというと、取引先からのお誘いです。取引先で30過ぎたばかりのパリピー(男)が1人いて、この人は既婚者だというのに周りのために合コンばかり開いています。我々独男にとっては、大変ありがたい存在ですけどねσ(^_^; 私にはとても真似できませんわ。

その人が、自分の独身女友達に声をかけ、とんとん拍子で5対5の合コンが先週実現したわけです。野郎メンバーは、私以外に幹事のパリピー、その取引先の独男2人、そしてもう一人は4月の合コンで一緒だったM2でした。(4月11日、12日記載の「合コンその1、2」をご参照) M2をみた瞬間、(M2じゃないか!こいつもまだ売れ残っていたんだな)と、なぜかM2にえらい親近感を抱いてしまいました。

一方の女性陣は、女性幹事であるパリピー友人、その飲み友達Aさん、幹事の高校時代の同級生3人の計5名。女性5人中4人はなんとまだ28~29歳。唯一Aさんだけ36歳という構成でした。Aさんも周りが若いから、なかなか大変だったろうと思います。

合コン報告が目的ではないので詳細は省きますが、会自体はとても楽しく過ごすことが出来ました☆ 女性陣も皆普通以上に可愛く、我々おじさん連中を相手に会話を弾ませてくれました。男性は幹事パリピー以外は皆アラフォーでしたが、皆楽しんでいたように思います。

その中で、私は唯一の30代であるAさんに目を付けました。Aさんとはそんなにガッツリは喋れませんでしたが、とても明るくてノリもよく、しかも周りに気を配って飲み物とかも積極的に注文とったりしていました。そんな姿に、(ああ、若い20代連中にも気を使って、場も盛り上げて偉いなあ)と感心し、今度は是非2人で食事でもしながら、Aさんのことをもっと知りたいと思いました。別れ際に全員で連絡先を交換し、無事AさんのLINEをゲットしました。

その翌日、善は急げってことで、早速AさんへLINE。過去に積極性をだせず、激しく後悔した苦い記憶があるので、今回はその二の舞にならぬようアグレッシブにいきました。『昨日はありがとうございました!もっと色々話したいのですが、近々食事でもいかがですか?』すると、ものの5分で返信が。『はい、飲みにいきましょー☆』 ってことで、何回かやり取りするうちに、16日夜に食事行くことが決まったわけです。食事場所も決め、鉄板のスペインバルを予約し、16日を楽しみにしていました。

そして本日、35歳CAとのファーストコンタクトを終えた後、Aさんとの待ち合わせ場所へ向かいました。待ち合わせ時間は午後7時半。待たせるわけにはいかんぞな!ってことで、10分前には到着してAさんを待ちました。

ところが、時間になってもAさんは現れません。(仕事が忙しいのかな。まあ、そのうち現れるべえ)と気長に待っていても現れません。7時40分を過ぎたので、さすがにLINEしてみました。『お疲れ様です。まだかかりそうですか?』 その後も全く既読つかず( ̄。 ̄;) そのうちに、周りのお店なども暗くなり始め、心の中に段々不安が広がってきました。(おいおい、さすがにドタキャンはねーよな(゚Д゚;)) 約束の時刻を20分過ぎても既読ならず、返信も来ず。。 (マジかよ!?こんな失礼なことやる人いるのか!!?) 全くAさんが現れる気配はありません。人通りも少なくなり始めました。 さすがに諦めが出てき始め、30分過ぎて来なかったら帰ることにしました。

そして20時が過ぎました。私は予約していたスペインバルへ連絡し、謝り倒して予約をキャンセルしました。その場を離れ、AさんのLINEを削除しました。地下鉄に乗り、地元のCoCo壱番屋で、ほうれん草チーズ+ソーセージミックス400gを食し、家に帰りました。

もうね、怒りというか、呆れるほかありませんでした。30を半ばも過ぎた人が、こんな社会人あるまじき行為をやることにひどくショックを受けました。こんな人がいるんですね。途中で行きたくなくなったとしても、普通は連絡くらいするでしょう。こっちは時間を空け、わざわざ電車に乗ってその場へ行き、お店まで予約したっていうのに。こんな人は信用出来ません。よく社会人としてやっていけるものです。 今までドタキャンする人はいても、最低限必ず連絡はくれていました。こんな失礼極まりない人は初めてです。

もしかしたら、昨日今日で重病にかかってしまい、連絡もできない状態なのかもしれません。可能性としては著しく低いですがね。それだったら仕方ないと思いますが、確率からいってまあ無いでしょう。ある意味、実現しなくて良かったかもしれません。とんだ目にあいましたわ(T_T)

35歳CAさんとのファーストコンタクトについては、後日追ってご報告します。まずは、こんなことがあったことを共有したかったので、ご了承下さいませ。

寝る女

こんばんは。

先日このブログの読者でもある高校時代の同級生たちと飲んでいるとき、私の婚活における言動に対して厳しい指摘を受けました。『なぜ、好みのタイプなど聞くのか』『減点方式でなく、加点していけ』『斬る相手になぜ全額奢ったりするのか』などなど。 なるほど、仰る通りで返す言葉もございません(*_*;

実際私独りで活動している限りでは、こういうことには気づかないですからね。こういう指摘は非常に貴重だと思います。新たに色々気づかせてもらうことが出来ました。やはり、時々外部の意見を聞いてみるのは大事だなと思いました。そういう意味では、私の婚活をブログに記録していることは、とても意味のあることなのかもしれませんね。肝に銘じて活動していきます<(_ _)>

さて、本日一件ファーストコンタクトがありました。お相手は35歳Mさん。なんだかMさんばっかになってますが、イニシャルで表記している以上しゃーないすよねσ(^_^; ご了承下さい

この方、会うまでに何の目印登録もしておらず、会えるのかどうか不安でした。当日30分前になっても目印登録されず、(こりぃあ、向こうに自分を見つけてもらうしかないな)と覚悟を決めました。実際目印登録は義務ではないので責めることは出来ませんが、正直ちょっと不親切だなとは思いました。写真と現物が異なることはよくありますのでね。

結局待ち合わせ時間を少し過ぎた辺りで、Mさんは現れました。電車が遅れていて、駅からダッシュしてきたらしく、着くなりゼーゼーいってました。『大丈夫ですか??そんなに慌てなくても良かったのに。』『いえ、遅れて申し訳ありません!』 きちんと謝ってくれました。先週コンタクトした方とは大違いで良かったです☆

Mさんは、写真より現物のがプラスというレアキャラ。写真も良かったですが、現物は目もはっきりしていて、小柄でとても可愛らしい方でした。写真よりも現物のが全然いいですね。

出身も現在の住まいも職場も埼玉。いわゆるザ・埼玉。最近どうも埼玉に縁があるようですわ(^_^;) コンタクトは都内でしたが、ほとんど都内に来るようなことはないそうです。まあ、実際大宮も浦和もあるし、ネットがこれだけ発達してりゃ都内になんて来なくていいですわな。

そんなMさんは公務員。5年前に一年間勉強して資格をとって公務員になったそう。とても努力家さんのようです。素晴らしいと思います☆

Mさんに休日の過ごし方を聞いてみると、『家でゴロゴロしてることが多いですね~基本的に寝るのが大好きなんですよ』とのこと。『ずっと一日中寝てたりすることもあるんですか?』と聞いたところ、『はい。。たまに。テレビぼーっと観てるといつの間にか寝てるんですよねえ(^。^;)』どうやら、眠り姫のようです

たまに友人と食事したり買い物したりしてるそうですが、特にこれといった趣味はないそうです。 私も趣味は多くない方ですが、まあそんなもんかもしれませんね。趣味は?と聞かれて即座に答えられる人の方が少ないのかも。

Mさんとは特に会話に困ることもなく、普通に一時間ほど楽しく会話することができました。笑顔もそこそこあり、コミュニケーション能力はなかなか。これがとても良かった!ということは特段ありませんでしたが、マイナス面も特になく、先日コンタクトした32歳Nさんと同じ感じです。コンタクト終了後、交際OK返事を出しました。

そういえば、32歳Nさんとはまだ結果が確定しない状態が続いています。通常コンタクト2~3日後には結果が通知されるのですが、あれから5日経過しても「結果確定待ち」状態( ̄。 ̄;) どーなってんだか。。コンシェルジュがサボってるか、はたまたNさんが返事保留にしているか、のどっちかですね。まあ、気長に待つことにします。

今週は16日に35歳CAとのファーストコンタクトがあります。ついにCAが来ました。CAと聞くだけで、なぜかワクワクしてしまうこの性。。いや、これは私だけじゃなく男全体に言えることじゃないかなとσ(^_^; 今からちょっとだけ会うのが楽しみになっています♪

ザ・普通

こんばんは。

本日ファーストコンタクトを一件こなしてきたので、ご報告します。

お相手は32歳Nさん。職業は、なんと税理士。すごいですねえ。きっと努力家なんでしょう。税理士という職業柄なのか分かりませんが、あまり出会いなどがなかったのかもしれませんな。

Nさんの仕事の都合もあってか、コンタクト開始時間は1930~と若干遅め。しかし、開始時間が遅くとも、平日のが私的には全然助かるので問題はありません。

早めに着いて待っていると、声をかけられました。『Takebayashiさん…ですか??』 そこには、プロフィール写真よりちょい劣化気味のNさんがいました。(まあまあ、この程度の誤差なら全然許されるな)先日写真詐欺にあったので、許容範囲が広くなっていたのかもしれません。お顔さんは、まあ良くも悪くもなく、ザ・普通ですね。

コンシェルジュからのNさん評価には、「気さくで話しやすく、きっとお話も楽しくできると思います」とのこと。確かにその通りで、話してみるとNさんはとても気さくで話しやすい方でした。 こちらから尋ねれば色々答えてくれ、それが終われば逆にこちらに質問を投げかけてくれるという、いわゆる「会話のキャッチボール」がいとも普通に出来ました☆ やっぱ、こういう風に自然に話せるのはいいっすね(^o^)

Nさんは、大学を卒業してから専門学校に通い、税理士試験に合格したそうです。目的に向かって頑張れるのはすごいことです。

そんなNさんの良いところは、私と同じような地域が好きだということですかね。故郷の影響もあるんでしょうが、北千住とか上野とか、そういう下町的な街が好きだそう。私と故郷が同じ沿線だからでしょうか。下町好きな血が流れているのはとても共感ができます(^_^)/

趣味はこれ、っていうものはないらしく、ヨガやテニス、ゴルフ、旅行などを浅く広くやっているそうです。いろいろなものを経験したいということで、時間がないんですとか言ってました。私はあまり趣味は多くないですが、これはこれで色んな経験が積めるし、自分の世界も広がるからいいのかもしれませんね。

Nさんとは一時間位楽しく話をし、お別れしました。「これはいい!」ってものは特にありませんでしたが、逆に、「これはないなあ…」ってものもありません。可もなく不可もなくザ・普通、って感じですが、とても話しやすい方だったので、返事は『交際OK』を出しました。会話を探すようなことも一回もありませんでした。

私はやっぱりこういう風に、楽しく自然に会話できること、は必須の条件なのかもしれません。コンタクト結果はまたご報告したいと思います。

食べる女

こんばんは。

Sさんですが、その後いちお返信が来ました。『体調が悪く、返信返せなくてごめんなさい。18日でお願いします♪』 それに対して純粋に心配だったので、『大丈夫?ゆっくり休んで早く治してね』と返しても、何だかずっとつれない感じ(-。-;) LINEのやり取りは続きません。

何とかいちお次回約束日までは決まりましたが、こんな感じでは18日もどうなるか分かりませんな( ̄。 ̄;) またキャンセルされそうなニオイがプンプンします。

確かに体調が悪く、やり取りするのも億劫なのかもしれません。それはどんな体調なのかも分からないし、何かの病気なのかもしれない。なので、まあ仕方ないのかなとは思います。

ただ、そうは言っても、この状況は自分の気持ちも冷めさせていきます。一人で盛り上がってた自分が何だか馬鹿らしくなってきてしまい、少しずつ(なんかもうどうでもいいわ、やってらんね。斬るなら斬れや)と自暴自棄になりつつあります。

今のこの状況は、体調不良が原因ではなく、もっと根本的な原因は間違いなく別にあるでしょう。一般的に別れを考えている女性は距離を置いてきます。「風邪引いた」「体調が悪い」「忙しい」などを口実に距離を取り始めますが、それはあくまで隠れ蓑であり、本当は愛情がなくなりつつあるから。私とSさんはまだカップルなんかではとてもないですが、そんな感じですかね。

あーあ、何だかうまくいかんすわあ(+_+) 自分がいいなと思った女性とはなかなかうまくいかず、何とも思わない女性とはうまくいきそうになる、っていうね。。まあ、所詮そんなもんなんでしょうが、ひどくやるせない気持ちになっています。SさんはSさんとしてこちらから斬ることはしませんが、どうやらまだまだ並行して、婚活する必要がありそうです。道は険し(´Д`)

して、本日一件ファーストコンタクトをこなしてきました。お相手は、29歳Mさん。久々来ました、20代。よくこんなアラフォー前半野郎にコンタクトOKしてくれたものです。

ところが、冒頭から一気にやる気がなくなる事件が起こりました。待ち合わせは都内某ターミナル駅改札。昨年この改札の名称が変わったらしいのですが、指定された名称は古いままとなっていました。私はちゃんと調べて新しい名称の改札口で待っていたのですが、Mさんは現れません。時間を過ぎても現れないので、ファーストコンタクトセンターへTELしたところ、Mさんはその反対側の改札で待っているとのこと。(ああ、新しい改札名になっているから、混乱していたんだな。まあ、しゃーないか)と思い、そっちの改札へ向かいました。

ところが、待っていたMさんからは、一切申し訳ないという気持ちがないらしく、謝りの一言もなし。むしろ、(何待ち合わせ改札間違えてんだよ、このおっさんが!)と言わんばかり( ̄。 ̄;) こっちは間違えてないのに一応『お待たせしてごめんなさい』と謝ったのにも関わらず、こんな態度で来られたのはさすがにムカつきました(-_-#) ピクッ (いやいや、改札間違えてたのはあんただろ。せめて、一言くらい詫びれや)と毒づきました。

Mさんは、小柄でとても可愛らしい方。婚活しなくともまだ20代だし、全然モテる位可愛い方に入ると思います 。こんな事がなければ絶対交際OKするくらいのお顔さんでしたが、この冒頭の事件で、既に答えは出てしまいました。20代で可愛くて婚活してる人は、やはり危険ですわ。

そんなんだから、お互いギクシャクしたままカフェへ。フルーツが美味しいカフェらしく、美味しそうだったのでフルーツサンドと飲み物をオーダーしました。

Mさんは、そのフルーツサンドが来るなり、『頂きます』と言って、ガツガツ食べ始めました。その間色々話は振ってみましたが、それに対して返答する程度。もはや、トークなどする気は全く無いといった感じでした。

Mさんは食べ歩きが趣味っていうくらいですから、食べるのが相当好きらしいです。こちらに遠慮がちな態度は一切見せず、うまそうにフルーツサンド食ってました。サンドは計6切れありましたが、そのうち4切れをあっさり食べられました。頼んだコーヒーもさっさと飲み終わってました。(にゃろう、完全に食べることを目的に切り替えやがった…(ーー;)) それが分かった時、フルーツサンドまで頼んだことを激しく後悔しました。

最初はちょっとムカついたものの、正直その後の展開次第ではアリになるかもな、と多少期待していたところはありました。しかし、そんな期待虚しく、トークを広げたり、こちらの素性に対して全く興味関心を示さないMさんをみて、今回のファーストコンタクトをOKしたことを後悔し、完全に諦めました。適当なタイミングで『じゃあ、行きましょうか』と退店し、Mさんと別れました。 

そして、情けないことに、全額私が支払ってしまったというね(T_T) (20代の女子に払わせるのもな。。)などという、ダメな優しさを見せてしまいました。どうせ交際成立にならないんだから、厳格に割り勘にすりゃいいのに、こういう時に冷徹になれないんですよねえ(ノД`) 変にいい人ぶってしまう、私の悪い癖。。

その後、私の答えは言うまでもありません。散々なファーストコンタクトになりました。

女心と秋の空

その日のうちに、Sさんに御礼のメールをしました。『今日は雨の中ありがとう☆次回も楽しみにしてるね!』と。それに対するSさんからの返信メールは以前の敬語に戻っていました。『無事電車乗りました。これで安心です♪』 (あれ?なんでまた敬語に? しかも、何のお礼もなし。。)

別にありがとう!という言葉を求めていたわけではないですが、一応ご馳走はしたのだから、何かしらのお礼はあるべきものと思っていたので、ん?ちょっとおかしいな、と思いました。

次の日、お土産を美味しく頂いたという御礼のLINEをしたところ、返信は(ぺこり)というスタンプのみ(°°;) 言葉は何もなし。。 さすがにこの時点で、異変を感じました。いつもなら、絵文字と顔文字を使ったLINEをくれ、しかも何度かのやりとりをします。こんなスタンプのみ、なんて初めてだったのです。

また、二次面接の翌々日にも、『一週間始まったけど、今週は4日だから頑張ろう!』的なLINEをしたところ、『12日予定が入っていました。。ごめんなさい。また別の日でお願いします!』との返信( ̄。 ̄;)

ついには、確定していた12日の三次面接遊園地デートまでもキャンセルくらいました。。 『それじゃ18日か19日はどう?』と返したところ、未だ返信なし(T_T)

(何なんだ、一体!?何が起こってるんだ(゚o゚;) このように、あの二次面接を境に、完全に怪しい空気が流れ始めました。Sさんの気持ちに何かしらの変化があったのは明らかです。

一体何があったのか……あれから毎日考えてますが正直いくら考えてもわかりません。当日の服装?別れ際の挨拶?食べ方?トーク内容?いくら考えても答えは分かりません。ただ、何となく思い当たるフシは2つ。

一つは、強力なライバルの出現。私をはるかに凌駕するような野郎が現れた可能性。もう一つは、(この人とは合わないし、向こうにとっても私はあまりタイプじゃなさそうだな)と思い、徐々に引き始めたということ。

恐らくですが、後者の理由なのではないかと思っています。ライバルの出現も可能性なくはないですが、それにしてはあまりに急すぎるからです。 二次面接の時にお互いのタイプの話をしましたが、私のタイプを言ったとき、何となく落胆してるような感じを受けました。(ああ、この人は活発でお喋りであ明るい感じの人が好きなんだ。私はとても、そんなんじゃないなあ)と思ったとしてもおかしくありません。

もしくは、色々と話しているうちに、逆に(前回まではいいかなーと思ってたけど、やっぱなんかちょっと違うな。私には合わないかも)と思われたのかもしれません。

理由はいくら考えても分かりませんが、この状況は非常にヤバいということはわかります。とりあえず、遊園地とはいかなくとも何とかもう一回だけ会えるようにもっていきたいですが、どうすればいいのか。。(;´Д`) そうこうしてるうちに、斬られたら全てがお終いです。

斬られても連絡先は知ってるんだから、連絡すればいいぢゃないか、と思われるかもしれませんが、それは駄目なんです。相談所のルールで、「交際終了後はお互いの連絡先を消去し、一切連絡をとることは禁じます」という、新撰組の掟ばりの規則があるためです。もし連絡とっていることがバレたら、私は退会させられてしまいます。

過去の経験からすると、一度こうなると挽回するのは至難の業なんですよね(+_+) 正直この状態から復活できた記憶がありません。

よく、女心と秋の空は変わりやすいと言います。移りゆく季節とともに、Sさんの気持ちは冷めていったのかもしれません。とにかく、グダグダしてても仕方ないので、斬られるまではこっちから連絡を続け、とにかくまず会うことを目標に粘っていきたいと思います。

果たして、不死鳥フェニックスのように、見事復活することは出来るのか!? 

タイプじゃない?

こんばんは。

仕事で色々とやってしまい、落ち込みハンパなかったので、しばらく更新出来ませんでした。スミマセン<(_ _)>

さて、先日28日に交際中の31歳Sさんと二次面接に行ってきました。

前回の一次面接がとても楽しく、また、その前の段階からSさんの優しいメールに癒されていたこともあり、今回の二次面接をきっかけに、もしかしたら本気モードになるかもしれないという期待をもって行きました。

土曜日でしたが、Sさんは仕事だったらしく、少し遅めの時間に待ち合わせしました。今回は秋っぽいものを食べようということで、栗ご飯がメニューにあるお店を予約していたのですが、お店に行ってみると、栗ご飯の「く」の字もないっていうね( ̄。 ̄;) それどころか、大学生が行くような何だか安っぽい作りのお店。。もう、やっちまった感満載でした。てか、ぐるなびの写真綺麗に見せすぎだし、実際のメニューとWebに書いてあるメニューに違いがありすぎ(-_-#) もはや、詐欺ですな。二度と行かん

ただ、そこは優しいSさん。嫌な顔一つすることなく、『栗ご飯ないけど、美味しそうなものいっぱいあるよ!』という罪悪感を感じさせない半端ない気遣い。優しすぎるぜ、Sさん☆ 

今回は、もう最初から自然にお互い敬語抜きで会話ができました。LINEで毎日のようにやり取りしていたのが大きかったですね。

ついこないだ有給を使って友達と広島~岡山辺りに旅行に行っていたとのことで、最初はその辺りの旅行トークを交わしました。旅行の時に撮った写真を二人で見ながら、ここはああだったとか、何を食べたとか、厳島神社が綺麗だったとか、そんな類のトークです。

そして、『これ、Takebayashiさんに買ってきたよー!』と言って、旅行のお土産を頂きました(^_^)v もみじ饅頭とはっさくゼリー。いやー、嬉しいですね♪ 

しかしこの旅行トークが終わる頃、前回若干感じていた不安が少しずつ露出してきました。それは、話題づくりや話のきっかけ作りが全て私からということ。こちらから聞くと確かに色々答えてくれるのですが、それがある程度一巡すると、次のネタがなかなか出てこないんですよね(・_・;) 

普通は自然な流れで話題など考えなくても話は続くのですが、Sさんの場合は、たまにバッタリ会話が途切れることがあります。私にもよく原因はわからないのですが…(+_+) 

そして、また新たな会話のネタを出すのは私からということになります。そうするとその空気を読んで、Sさんは『会話とか途切れるの嫌なの?私は全然いいんだけど』と聞いてきます。いや、はっきり言って、嫌ではありません。気心の知れた友人とかといるときは私だって黙っているときはよくあります。その時は別に何とも思っちゃいません。それでもいいや、と思っているからだと思います。

ただ、まだ会って数回程度なのに、会話がぶつ切りになってしまうのはあまり良くない流れなのではないかと。付き合ってしばらく経った恋人同士なら、それでもお互い理解しているからいいでしょうが。。こう考えてる私はちょっと変なんすかねえ

して、お店の雰囲気やメニューがちょっと微妙だったので、一軒目ではトークもそこそこにして、『近くで飲み直そう』ってことで近くのイタリアンバルみたいなお店へ。こっちの方が断然良かったので、お互い落ち着くことができました。

ちょっと静かな雰囲気にもなったところで、恋愛トークへ。Sさんに『どういう人がタイプなの??』と聞いてみると、『大らかでどっしりしてて、優しい人かな』とのこと。何とも具体性がなくて、ピンと来なかったのですが、私はあまりこれにはあてはまらないかも(-。-;) 私はどっちかというと、せっかちだし、小心者だし。。Sさんにとっちゃ、あまりタイプではないんじゃないかな、と。

逆に、私のタイプについて聞かれたとき、私は『明るくてよく喋る人かな』と答えましたが、その時のSさんは、『ああ‥そうなんだ』と微妙なリアクションを取っていました。自分が、どっちかというとそういうタイプじゃないことを自覚していたからかもしれません。これには正直、(あ、やっちまったかも(゚o゚;)と思わざるを得ませんでした。 もしかしたら、お互いに好みのタイプというわけではないのかもしれませんね。

その後も、結婚したら仕事は続けたいとか、こういう生活したいとか、そんなトークを展開し、お会計のときにSさんに三次面接を申し込みました。確かに話題づくりは私からですが、それでも一緒にいて楽しいと思えたからです。お互いもう少し理解しあえたら、そんなトークの間も気にならなくなるだろうとも思いました。

私『今度は食事だけじゃなくて、どこか行かない?』

Sさん『いいよ。どっか行きたいとこある?』

私『遊園地だね!絶叫系乗りたい』

ってことで、次回11月12日に遊園地デートが決定しました。(こりゃ、次回あたり勢いで本交際申し込んじゃうかもな!)と有頂天になりながら、お別れしました。完全にいけるという感触を掴んでいた……はずでした。

(続く)