アラフォー前半野郎の婚活

いわゆる婚活を始めてはや1年。今年中の結婚を目標に、日々婚活奮闘する模様をダラダラ書いていきます。

振り出し

こんばんは。ここ数日連投してしまい、スミマセン。

昨日まで2回に分けて、自分なりに熱く書きつづりました『予選リーグ突破に向けて~』の内容が、本日早くも無に帰ってしまいました…

昨晩、今週金曜日の集合時間を決めるためにグループLINEで全員に時間確認の連絡をしたところ、本日Eさん奥さん友達から、『すみません。仕事入ってキャンセルでお願いします』との返信が(T_T)

今回のカレー会は、私からの発信であり、しかもその目的は、Eさん奥さん友達との仲を深め、1対1での食事切符を掴み取ることにありました。そうなると、他の方には言い方悪くて本当に本当に申し訳ないのですが、開催の意味が無くなってしまったわけです。。

はぁ、、せっかく楽しみにしてたのに。。残念でなりませんが、こればかりは致し方ありません。とりあえず、カレー会は延期ということにしました。

昨日、このカレー会はまだ予選リーグに過ぎないと書きましたが、私の完全な見誤りでした。予選リーグ出場さえも決定していない現実を突きつけられました。

また開催すればいいじゃないか!と思われるかもしれません。しかし、気心の知れた仲間同士ならともかく、まだ関係の浅い人間同士において、一度人数少なくてキャンセルとなった飲み会を、もう一度開催を呼び掛けるのは相当なパワーが要ります。こういう経験をした方ならお分かりになると思うのですが。 しかも、忙しい複数の社会人の間で、また日程調整から始めないといかんのです。事はそう簡単ではありません。

何だか自分だけ浮かれてしまっていて、とっても恥ずかしいす(>_<) ここに堂々と書いてしまったことも。

何となくこれは直感に過ぎませんが、Eさん奥さん友達は金曜日行けないことがもっと早くわかっていたのではないか、と思います。そして、それは仕事が理由ではない。そんな穿った見方をしてしまう自分も嫌になります(ノД`)

現在落胆が激しく、もはやパワーが残っていません(+_+) 

つーわけで今日はもう寝ます。お休みなさい。寝たら少しは冷静になれるかも。本件は今後もし開催確実になったら、またアップすることにします。結論つくまでお蔵入り。

予選リーグ突破に向けて~その2

当日はアホほど緊張が止まらず、開始10分前にはお店に着いてしまいました。機先を制しなければ…!という思いがあったわけですが、今思えば完全に気負っていましたね。。(+_+)

当日の飲み会詳細は省きますが、Eさん奥さんの友達は綺麗な方で、何というか雰囲気美人。妖艶な感じで、あまりの人見知り故に『人見知りの魔術師』と呼ばれるほどの私は、まともに目を見ることが出来ませんでした。どうにも緊張が収まらず、元々弱いアルコールをガンガン飲んでしまったため、いつの間にかかなりの酔いが。。結局ほとんど話をすることも出来ず、飲み会終了(ノД`) 

最後にEさんの救いの手があって、何とかLINE交換をすることは出来ましたが、お相手の名前さえもよく覚えていないという大失態…_| ̄|○ あり得ないですよね?でも、現実的に起こしてしまったわけです。

帰宅後頭がガンガンする中で、この飲み会での大失態に、激しい後悔が襲いました。せっかく作ってくれた機会をほぼ無駄にしてしまったことに、自分への怒りがこみ上げました。ぜひ次に繋げたかったのに、、と。

もし自分が若ければ、(まあ、また次頑張ればいいか)と切り替えることが出来たかもしれませんが、もはやそんな悠長なことを言っている場合でないのは分かっていました。このまま風化させてしまっては一生後悔すると思い、後日G君とEさんに、『次回私がカレー会を企画するから、何とかあと一回だけ付き合って下さい』と懇願しました。飲み会のときに、次回は皆でカレー会をしようね的な流れになっていたので、これをいい理由に出来たわけです。

Eさん奥さんの友達のLINEも分かってはいたので、直接1対1の戦いに持ち込む誘いも出来たのですが、前回の流れでいきなり1対1の戦いを申し込む自信はとてもありませんでした。恐らく、(誰だよ、おめーわ)で早々討死にしてると思います。

Eさんが裏方で奥さんと動いてくれたこともあり、おかげさまで何とかカレー会が実現する運びとなりました。それが、今度の金曜日なわけです。G君とEさん、Eさん奥さんのおかげで、何とか次回までこぎつけることが出来ました。感謝してもしきれません。

そのカレー会には、G君は空気を呼んで行かないと言っているので、正直前回よりも緊張するような状況です。だって、面子はEさん夫妻、私、Eさん奥さん友達の4人という、がっぷり四つシフトになるわけですから。ただ、ここまでしてくれたら、後はもう吹っ切れて、自分で何とかするしかありません。きっかけはどうあれ、道は自分で切り開くものです。

とは何だかんだ言っても、よーやく複数での第2回目の飲み会が実現したに過ぎません。まだ1対1の戦いにすら持ち込めてはいないのです。

サッカーW杯でいえば、まだ予選リーグ段階。優勝するためには、予選リーグを勝ち抜き、まずは決勝トーナメントへの切符を掴まなければなりません。今度のカレー会は、決勝トーナメントへの切符、つまりE奥さん友達との1対1での食事切符を勝ち取ることが目標です。

しかしながら最近この手の戦いは、ずっと連敗が続いており、予選リーグで敗退し、1対1の戦いにさえ持ち込めていない状況です。そんなわけで、勝ち抜ける自信は正直あまりありません( ̄。 ̄;) まあ気負いすぎず、なるべく気楽にいこうと思っています。

とゆーわけで、今週金曜日戦ってめーりやす。

予選リーグ突破に向けて~その1

こんばんは。

昨日コンタクトしました32歳Aさん。本日担当コンシェルジュより連絡があり、無事交際成立となりました。超嬉しいっていう感覚ではないですが、まあ、とりあえずホッとした感じですかね。

昨日ファーストコンタクトにしては結構長い時間を過ごしたので、Aさんとしてもそれなりに楽しく感じてくれてたということでしょうか。 ただ、まだほんの1時間半程度の時間しかお話出来ていないので、これはあくまで始まりにしか過ぎません。とりあえず、来週以降で食事でも誘って、面接してこようと思います☆

話は変わりますが、先日6月8日に書きました「所存です」において、今ちょっと戦いを挑みたい方がいるということを書きました。これについて、ちょっと触れておこうと思います。

それにまつわるイベントが今度の金曜日にあるためです。本ブログの読者に、この件に絡んでる方がいますが、その方に、ここで書き込みすることも了承を得ているのでいいでしょう。順を追って書きます。

話は3月下旬に戻ります。高校友人のG君から、G君の会社同僚であるEさんが私に独身女性を紹介してくれるというLINEが来ました。正確には、Eさんの奥さんが紹介してくれるということでした。

以前から何回かG君とそのEさんと一緒にカレーを食べに行ったことがあり、私もEさんと顔見知りでした。Eさんは当時私と同じ独男でしたが、彼は素敵な女性と出会い、今年頭に結婚しました。一度だけ、そのEさんの奥さんも含めて皆で飲みに行ったこともありましたので、Eさん、Eさんの奥さんとは知っている仲ではありました。

そのEさんの奥さんからの紹介ということでしたが、私とはあまりに距離があるので、まあ最初は実現すればラッキーかな程度にしか考えていませんでした。だって、私→G君→Eさん→Eさんの奥さんという伝手になるわけですからね。私とEさんの奥さんが直接つながっているならまだしも、これはまあ話半分と思うのが普通でしょう。

案の定、その3月下旬のG君からの連絡後、具体的な話はなく、私も完全に忘れかかっていた5月GW明けに、再びG君からLINEが。

『Eさん奥さんからの紹介はいつがいい?』

(え!?本当に実行されんの?)というのが正直な感想でした。でも、その後のやり取りで、トントンと話は進み、何と6月頭にその飲み会が実行されることに決まりました。まさか本当に実行されることになるとは思ってなかったので、驚きと嬉しさがこみ上げました。持つべきものは、やはり友ですね☆感謝感謝です(^^)/

そうして、今月頭に私、G君、Eさん、Eさんの奥さん、Eさんの奥さんの友達の5人での飲み会が開催されました。

 (続く)

相手に任せるグイグイ系

こんばんは。

本日はめちゃくちゃ久しぶりのファーストコンタクトに行ってきました。手帳を見返したら、ファーストコンタクトは何と4月9日の29歳Kさん以来!婚活怠けすぎですわな(^。^;)まあ、この頃は何人か交際者がいたってのもありますけど。

てなわけで、本日のお相手は32歳海外事業推進Aさん。海外事業推進って何ぞな?って感じですが、プロフィールの職業欄にそう書いてありました。この方はオファー紹介で来たので、何かしら自分の条件外の所がある方でした。それが何なのか見つけるのも、今回のコンタクトの目的の1つ。

待ち合わせ場所の最寄り駅に1時間も早く着いてしまい、適当にコンタクトに適したカフェを物色。その後待ち合わせ時間10分前に現地到着してAさんを待ちました。

しばらく待っていると、自動ドアを挟んだ向こう側に、Aさんが目印にしたストライプのワンピースを着た女性を発見。近づくと、そこには写真とはちょっと似つかないAさんが。。申し訳ないのですが、プロフィール写真より凡そ3割ダウンです(*_*; ここで、一気にモチベーション低下してしまいました。

もちろんそんな残念な素振りは一切見せずに、『こんにちは!よろしくお願いします』ってことで、予め見つけていたカフェに入りました。

一気にモチベーション低下してしまったもんですから、適当に喋って切り上げようと思っていましたが、Aさん意外とお喋りで、これがなかなか会話が盛り上がってしまいました。

Aさん中国語が堪能で、台湾でも働いてた経験があるとかで、海外との貿易など携わっているとのこと。今度は英語をマスターすべく、TOEIC850点越えに向けて猛勉強してるのだとか。向上心がほんと素晴らしいと思いました。仕事もなかなか忙しそうなのに、こうやって勉強の時間を確保してやっているのは、ほんとにすごいと思います。私も見習わねばなりませんな( ̄。 ̄;)

会話については、かなりのグイグイ系。初回からいきなり突っ込みまくってきました。お互い独身が長いから、結婚なんて大丈夫かねえ、なんて話をしてたときです。

Aさん『Takebayashiさんて、同棲とかしてたことあります?』

私『いや、同棲経験はないっすね。Aさんはあるんですか?』

Aさん『私は20代半ばの時に当時つきあってた人と2年くらいしてました。その時に色々と学んだんです。一緒に住むには相手に任せるってことが重要なんだって。』

私『相手に任せる、とは?』

Aさん『相手がやる、って言ったら、それは相手に任せた方がうまくいくってことです。お互いがやるやる言ってたらぶつかっちゃうんですよ!事実私がそうでしたから』

(何を云ってやがる)と思いましたが、Aさんにとって、どうもそのぶつかりがトラウマになってるほどの経験になってるようです。てか、ファーストコンタクト時にいきなり同棲経験を聞かれるとは思ってなかったので、ちょっとびっくりしました。

この他にも、『Takebayashiさんは一人暮らし歴長いですが、一緒に誰かと暮らしていくイメージは出来ますか?』とか、『一緒に暮らしてく上で大事なもんて何ですかねえ?』とか、ガンガン聞いてきました。ちょっとめんどくせーな…;^_^)と思いましたが、でも不思議と嫌な気分にはなりませんでした。

 それは恐らくAさんが、表情豊かによく笑いながら話をされてたからかもしれません。こちらの話もよく聞いてくれますし、自分もよく喋る。コミュニケーション能力が非常に高い方だなと思いました。話してて結構楽しかったんですよね。私の全然面白くない話なども、爆笑してくれてました。話の中身より、話し方や表情などの方が人に与える印象は大きいのかもしれません。

結局何だかんだ1時間半くらい話してたでしょうか。すぐ終わらせるつもりだったのが、いつの間にかAさんのペースにはまってしまい、ファーストコンタクトにしては長い時間を過ごしてしまいました。

ただ、結局Aさんの「私にとっての条件外の部分」は、今回のコンタクトでは分かりませんでした。てか、そもそも自分が相手に求めてる条件自体曖昧なので、何が条件外なのかもよく分かってないっていうねσ(^_^; まあ、そんなことは別に気にするこたあないのかもしれませんね。

 写真より実物がマイナスではありましたが、会話自体は楽しくできたので、先ほど交際YES回答を出しました。交際成立なるか、答えは数日後には分かります。

踊り場

こんばんは。

まず、ご報告。先々週末に一次面接をしました、現在唯一の交際者である30歳Mさんに斬られました。

実はMさんに二次面接の申し込みを先週土曜日に申し込んでいました。ただ、数日間待っても返信が来ず… Mさんは最初の一次面接前の日程決めの段階でも返信が遅かったので、(まあ、そのうち来るべえ)と楽観視していましたが、3日経っても来ず… 

そんな折、ふと相談所のマイページにアクセスしてみたところ、新規のメールが何通か来ていました。その中に、『交際中止のご連絡』という題名のメールを発見。それを見た瞬間、メールが来ない理由がわかりました。斬られてりゃ、そりゃメールなんか来んですわな( ̄。 ̄;) しかも、私がお誘いしたその日に斬られてました。なんか、恥ずかしいす…

ちなみに、斬られた理由は、ただ「価値観」の一言。。。せめて、価値観の「違い」って書いて欲しかった。陰×陰だから価値観は比較的近いはずなのですが、、Mさんは(なんか違うな、こいつわ)と思ってたんですね。

とゆーわけで、唯一の交際者に斬られてしまい、交際者がゼロになってしまいました(T_T) 振り出しに戻ってしまい、また婚活仕切り直しです。

何だか最近物事がうまく進まんです。婚活だけでなく、仕事の方もトラブルまみれですし(>_<) 何だかな… 人生には流れってもんがあるから、こんなときもあるんでしょうが、精神的に若干落ち込み気味の最近を過ごしちょります。

それと、相談所マイページに来ていたその他メールに、「会員期間満了のお知らせ」も来ていました。中身をみると、どうやら私は7月末で会員期間満了になるようです。そいや、もう一年半もやってるんですねえ。。何もしないと自動継続になり、辞める場合は7月25日までに相談所に連絡しなきゃならないそうです。

これをみて、ぶっちゃけ辞めることも選択肢に入ってきました。辞めてどーするの?結婚できるの?と突っ込まれそうですが、何だか調子と平行して、やる気も低調気味なんすよね(*_*; このまま続けてて果たして結婚出来るのか!?という疑念が消えません。かといって、辞めても妙手はないし、ね。。答えを出すまでにあと1ヶ月近くあるので、一度真剣に検討してみたいと思います。

ところで話は変わって、ファーストコンタクト。こちら、めちゃくちゃ久しぶりに一件日程が確定しました。コンタクト成立しても日程がなかなか確定してない人が一人いるんですが、その方ではなく、先週紹介が来た32歳Aさんとコンタクトと日程が確定しました。来週土曜日に久々のコンタクトに行ってきます。

ただ、このAさん。「オファー紹介」で紹介が来た方なんですよね。「オファー紹介」というのは、自分が相手に求める条件に、どこか合致しない所がある方のことです。でも、Aさんのプロフィールを見る限り、特に条件外の箇所は発見出来なかったんですよね。まあ、来週のコンタクト時に分かるでしょう。

婚活の踊り場を乗り越えることが出来るか!? 自分の心次第です。

所存です

こんばんは。

前回の「陰×陰」で、私と30歳Mさんが共に陰であることから多分うまくいかないだろう的な事を書きました。これに対して、数人から批判を受けました。

批判の内容は、「陰×陰の何が悪い?いいことじゃないか」「陰×陽の方がうまくいかない」「陰が陽を望むことなど論外だ。分をわきまえろ」といった類のものです。

なるほど、実に見方は色々あるものです。それに対しては反論などするつもりは毛頭なく、「なるほど、確かにそうかもしれない」と素直に思います。答えなんて分からないのだから、色んな意見があって当然ですわね。

ただ私が言いたいのは、今までの約40年弱の人生で、あまり陰の方を好きになった記憶がないということです。合う合わないはともかくとして、単純に好みの問題ですかね。

しかし、その結果として、今まで売れ残ってしまったというのも事実(´д`) 好みは陽なのかもしれないけれど、合うのはやはり陰の人なのかもしれないですね。いや、恐らくそんな気がします。私の目標はあくまで恋愛ではなく結婚なのだから、自分に合う人の方がいいのかもσ(^_^; と、批判を受けて思いました。

こういう批判は、非常にありがたいです。ブログは私の一方的目線で書いてるだけなので、こういう別目線での評価は貴重です。今後もどしどしよろしく頼みます。

 どうでもいいですが、最近またお見合いのお誘いラッシュがやってきました。。一昨年辺りからお見合いのお誘いが増えてはきてましたが、ここ最近はなかったんですけどね。

先々週は、このブログにも書いた通り、母親から、スイミングスクールに通う女性の紹介。

先週は、取引先の60歳前後の男性から、自分の娘35歳を紹介したいという。。

そして今日は、会社OBの70歳の男性から、自分の取引先社長令嬢の紹介。。この方、去年も一昨年も同じ方を紹介してきました。毎回断ってるのに、何年同じ方を紹介するのか( ̄。 ̄;) てか、紹介される方もずっと残ってるってことは、、、ね。言わずもがなでしょう

お気持ちは非常に嬉しいです。ほんとこんな薄汚れちまったぼろ雑巾の私に、こんな話を持ってきてくれることは、本当にありがたいと思っています。

ただ、、ごめんなさい。お見合いについては全てお断りです。理由は2つ。

まず一つ目。実は昨年もとある取引先のおじいちゃんから自分の娘さんを紹介され、どうしても会ってほしいと強く懇願されたことから、乗り気ではなかったのですが人生初のお見合いをしてきました。その方、申し訳ないのですが、ちょっと生理的に全く受け付けず、お断りをしました。

せっかくお見合いの場をもらったのに、断りを入れるのが非常に辛かったのです。しかも取引先。下手すりゃ取引に影響も出かねません。こんなのは辛いだけだな、と思い、二度とお見合いはしないことを誓いました。

もう一つの理由は、「お見合い」という形態に抵抗があること。昔は当たり前だったことは知っていますが、今はほとんど聞かないですよね。今の相談所での婚活も、お見合いっちゃお見合いなのかもしれないですが、ガチのお見合いではないので、まだ敷居が低いのです。それでも抵抗はありますけど…

気づけば、今年も残り約半分。つべこべ言ってる場合じゃないのは分かってはいますが、どうにも頭の中がモヤっています(+_+)

まあ、目の前の婚活に集中していくことでしか、道は開けないのでしょう。今交際中の30歳Mさんとはきちっと向き合って答えを出す所存です。

また、ここには書いてないですが、それとは別に今ちょっと戦いを挑みたい方はいます。まだまだ遠い関係なので、どうやって近づきゃいいのか分からなくなってますが( ・_・;) 正直最近戦いを挑んでは失敗してばっかりなので、自信喪失状態なのです(;´Д`) てなわけで、こちらはしかるべき時がきたら、アップすることにします。

これを書いてる今、全仏オープン錦織圭が世界No.1のA.マレーにいい勝負をしています。世界No.1にも負けず、頑張っています。私も錦織圭に見習って、今こそ奮い立つ時なのかもしれません。

陰 × 陰

こんばんは。

5月も終わり、よーやっと激務が落ち着いてきました。まあ、それでもかなり忙しいですけどね。それでも今週末は久々ソフトテニスと読書でリラックスできた気がします。ずっと行きたかった坂本龍馬没後150年展にも足を運ぶことができました。

さて、先週ご報告の通り、昨日30歳金融機関Mさんとの一次面接に行ってきました。

Mさんは休日出勤ということもあり、ちょっと遅めの20時から一緒に食事しました。

Mさんの心遣いが優しく、私が埼玉まで出向く旨伝えると、『いやいや、こないだ埼玉まで来てもらったので、今回は都内まで私が行きますよ!翌日は休みだから大丈夫です』とのこと。こういう言葉をかけられると嬉しいものですね。お言葉に甘えて、都内で食事することになったわけです。

駅で待ち合わせし、予め予約していたイタリアンへ。

Mさんは全くといっていいほど、お酒が飲めないらしく、ずっとノンアルカクテルを飲んでました。私も2~3杯程度で充分酔っ払えるほどの下戸ですので、飲めないことは全く問題なし。むしろ、アルコール大好きな人より飲めない人の方が私はいいですね(^。^;)

最初の方はお互い緊張していたこともあり、無難に仕事の話をしました。今の職場は銀行ですが、とても頑張って仕事をしておられるようです。仕事が好きとも仰ってました。

丁度この仕事の話題のときに、Mさんでちょっと気になっていた「結婚後の仕事観」についてズバリ尋ねてみました。

私『仕事がお好きなんですね。うらやましい。でも、ご結婚されたらどうされる予定なんですか?』

Mさん『出来れば続けたいと考えてます。まあ、お相手の意向もあるでしょうけど。』

ということで、(もしかしたら結婚後は専業主婦になる予定!?)という懸念点は解消しました☆

プライベートでは、毎週これをやるっていう決まった趣味はないらしいです。時折旅行に出かける程度で、後はご友人と遊びに行ったり、スーパー銭湯に行ったりと、まあ質素な感じ。休日は結構何もしないのが気に入ってるようです。まあ、派手な休日の過ごし方してる人よりも、こっちのほうが現実的でいいと思います。

その中で共感できたのは、独りの時間がとても好きだということ。独りで部屋にいて、ネットサーフィンや動画視聴、読書などをする時間が好きなのだとか。私も独りタイムは全然苦にならず、むしろ好きなので、この点は共感できました。パーティー族が苦手という点も私と一致しています。

こういう話を聞いていて、確信しました。Mさんは私と同じ「陰」な人なのだと。私と比較的共通点が多いんです。私も「陰」な男なので、(もしMさんと結婚したら陰×陰だな…うまくいくのかしら)などと漠然と考えてしまいました。 しかし、陰な私は、反対の「陽」の人を好きになるんですよねえ( ̄。 ̄;) ふーむ。

Mさんが婚活を始めたきっかけにも触れてみました。

Mさん『実はずっと長く付き合っていた人がいたんですけど、その人と去年お別れしてしまって。。さすがに焦って始めました』

とのこと。どうやら7~8年位お付き合いしてたみたいで、当時は相当のショックを受けたようです。でも、相談所での婚活始めて、半年位でまだ3~4人しか会ってないらしいですので、やっぱ引きずってるんですかねえ。。さすがにそこまでは聞けませんでした。

Mさんのそこそこのコミュ力のおかげもあり、話は続き、閉店間際の23時頃にお店を出ました。

今回の一次面接で、Mさんに関する情報はまあまあ得られたかなと思います。特段気になる所はありません。コミュ力もそこそこありますし、恐らくお顔さん基準値も超えているでしょう。が、逆にここがいい!という所もそんなになし(◎-◎;) そこを発見できるか、が今後の進展のポイントになるでしょう。

というわけで、Mさんに斬られなければ、次回二次面接に進もうと思います。

ちなみに、ファーストコンタクトは相変わらず成立しない日々が続いており、コンタクト予定が埋まりません(>_<) 一人だけコンタクト成立した歯医者の先生がいますが、その方とも予定が全く合わず、日程が決まりません。 紹介者数も段々減ってきてますし、そろそろネタ切れでしょうかねえ。。(´д`)