読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー前半野郎の婚活

いわゆる婚活を始めてはや1年。今年中の結婚を目標に、日々婚活奮闘する模様をダラダラ書いていきます。

イメージの変化

こんばんは。

昨日は34歳Nさんとの四次面接でした。今までずっとイタリアンとかスペイン料理とかの洋食ばかりだったので、しっぽりした焼き鳥屋に行ってきました。

四次面接ともなれば、もはやほとんど緊張はないですね。さすがに友達と食事する感覚とはまた違いますけど^_^;

二次面接と三次面接のお店はNさんに選んでもらったこともあって、今回の焼き鳥屋は私が選びました。3日前位にお店を予約した後、Nさんに

『21日は、このお店を19時半に予約しましたので、よろしくお願いします!』というメールを送っていたのに、当日までNさんからこれに対する返信が全くなく、もしや忘れてないよな…とすごく不安になりました(x_x)

待ち合わせの1時間前になっても返信がないので、確認のためこちらから『今日って大丈夫なのかしら?』とメールしたところ、Nさんから『ごめんなさい!楽しみにしていました(>_<)』と、ようやく返信が。楽しみにしてたんなら、せめて『了解です』位の返信は入れてほしかったものです。。まだ、暗黙の了解を理解できるほどの関係じゃないわけですからね。なので、正直今回は少しだけイラっとしてました。器が小さいですねσ(^_^;

さて、四次面接も淡々と世間話をしました。翌日社内のゴルフコンペとかがあるとかで、その関係でゴルフの話とか、GWに何する予定とか、去年は何をしていたとか、そんな類の話です。

三次面接でもそうでしたが、今回の四次面接でも恋愛や結婚に関する話題はほとんどなし。。というより、むしろ今回は沈黙の方が目立ちました。 実は三次面接でも、少し会話に間が空くときがあり、話題を探してしまうことがありました。今回はその間がより多かった気がします( ̄。 ̄;) 段々話すことが無くなってきてるんですかね… 

気のせいなのかもしれませんが、最初はNさんものすごくお喋りで、「陽」の方というイメージを持っていたのですが、実はそうでもないのではないかと思ってきました。緊張してると自分から喋り、単純にその緊張が徐々に解けてきて、本来の自分になってるだけなのかもと思ったり。。私は自分からよく喋る方のほうが好きなので、何となく最初の頃のNさんの方がイメージはいいです。今がダメというわけではないんですが、正直徐々に好感度が落ちてきてしまっている気がします(+_+) ふーむ…

お店を22時頃出て、Nさんが翌日ゴルフで朝早いということもあり、一軒で帰ることにしました。途中まで帰りの電車が一緒でしたが、電車内ではほとんど会話という会話はしませんでした。ちょっとこれはいかん状態ですよね。。(´Д`)

帰宅後、『楽しかった!ありがとうね』というメールがNさんから来ましたが、本当に楽しかったのかな…と思ってしまいました。正直今回私がそこまで楽しいと思えなかったので。。斬らずに次回の五次面接を誘うべきかどうか、ちょっと真剣に考えてみたいと思います。

ところで、もう一人の交際者36歳Hさんですが、昨日お誘いのメールをしましたが、まだ返信がありません。Hさんとは期間が空いちゃったから厳しいかなーσ(^_^;

四次面接の果てに

こんばんは。

昨日は31歳秘書Eさんとの四次面接でした。色々互いに忙しかったり体調崩したりしていて、前回の三次面接から実に約1ヶ月以上も経ってしまいました。 なので、当然ながら前回話した内容なども完全に忘れてしまっていました。

今回の四次面接は、元々まずは私の大好きなカレーを食べに行こうという話をしていて、本当はCoCo壱番屋に行く予定でしたが、待ち合わせ場所に「もうやんカレー」があったため、予定変更して一軒目はもうやんカレーに行きました。

Eさんはチーズカレーを、そして私はドライカレーを食べながら、久しぶりということもあって、まずはお互いの近況などを話しました。Eさんは秘書というポジションということもあり、4月になってから株主総会の準備開始とかで忙しくなりつつあるらしいです。また、歓送迎会で結構飲み会の日々が続いてるのだとか。もうやんカレーでは、アルコールは飲まず、純粋にカレーだけを食べました。

カレーを食べた後は、近くのイングリッシュパブへ。ここからアルコールも入れはじめましたが、いまいち会話が盛り上がりません。仕事がどうとか、最近行った旅行のこととか、当たり障りのない会話が続きました。

会話の途中で、私はぼやっとある結論を出しつつありました。それは、Eさんを今回限りにして斬ること、です。

Eさんとは今回が四次面接なのですが、ほとんど突っ込んだ話が出来ていません。食事だけでなく、一緒に映画を観にいったりもしましたが、何だかずっとお互いに気を使いながら接してしまっています。当然ずっと敬語です。私が感じてるということは、恐らくEさんも同じことを感じてると思います。

これは最初からずっとそうなのですが、Eさんはかなりの人見知りなのか、顔をみてしゃべらず、ずっとキョドっています。何回も会ううちにそのうち解消されるだろうと思ってましたが、今回が四次面接だというのにそれが全く解消されません。話していても正直そんなに楽しいと思えないのです。私の責任もあるのでしょうが、ちょっとこれは私にとってはかなりのマイナスポイントです(>_<)

一方で、次回四次面接を迎える34歳Nさんや、二次面接を終えた36歳Hさんとは、逆に何でも喋れるようになりました。ある程度の気はまだ使いますが、お互いよく笑うし、話していて楽しいです。 やはりこういう関係にならないと、結婚まで考えるのは難しいです。。まだ分からないっちゃ分かりませんが、四次面接でこれでは、今後面接を重ねたとしてもEさんとはこういう関係にはなれないのではないかと思いました。

Eさんが翌日法事の手伝いで朝早いということもあり、そのイングリッシュパブでお互い2杯位飲んで解散しました。

今までは、別れた後に必ずお礼メールをこちらからしていましたが、今回はお礼メールをこちらからしませんでした。もはやこの時点で答えは出ていたのでしょう。翌日Eさんからお礼メールがきまして、一応それに対してはこちらもお礼メールを返信しましたが、本日相談所を通じてEさんを斬りました。

Eさんは性格自体はとてもいい人で、全く悪い人ではないので、非常に心苦しい気持ちはありました。ただ、いくらいい人だといっても、こればかりは仕方ないですよね…(x_x) こういう世界にいる以上は、ね。。Eさんにいい出会いがあるよう願うばかりです。

私もまた、前を向いて進みます。

34歳Nさんからは、『またご飯行きたいので、付き合ってください!』というメールが来たので、来週21日に四次面接へ行くことが決まりました。私がNさんに対して色々非道いことをしているのに、ほんとよく斬られないものです( ゚Д゚) 

どうやらNさんからは結構気に入られてるのが、メールの内容などから分かるようになってきました。『21日をキリンになって待ってるね!』などというメールが来るからです。キリンになって、などという表現は昭和を感じますが、なかなか愛嬌がありますよねσ(^_^;

一方の36歳Hさんは、多忙の方ですが、昨日コンペが終わったはずですので、そろそろ誘ってみようと思います☆

合コンその2

F1は取引先の飲み友達、F2はそのF1の友人。

F1はWEB制作デザイナー?みたいな仕事をやっていて、F2はシステム会社で営業をしているとのことでした。

この2人は仲良しなのか、結構よくしゃべってくれました。2人ともそんなに美人ってわけではないけれど、共に明るい方々です。

F1は休日にピラティスとバドミントンをやっているとかで、とってもアクティブ。バドミントンは私の家の近くの体育館でやることもあるのだとか。ピラティスについては、何だか指導員の資格?みたいなものを取りたいとかで、メチャクチャ練習しまくってるらしいです。『ピラティスやりたかったら言ってね!教えてあげるから!』とか言ってました。恐らく会う人に対して毎回同じこと言ってるんでしょうねσ(^_^; でも、男でピラティスやってる人は聞いたことないけど。。

そして、F2はリアクションがとてもいい方。よく笑ってくれました。私の勝手な想像ですが、仕事にハマって忙しく、結婚出来ていないのだと思いました。何とこの日は朝まで仕事してたのだとか(゚o゚; 仕事がとても好きなのでしょうね。

趣味はサッカー観戦。埼玉出身なのに、茨城の鹿島アントラーズが大好きらしく、毎月1回位鹿島スタジアムまで応援にいってるらしいです。どこぞの誰かが食いつきそうなネタですが、私はそんなことより、埼玉出身なのに、何故鹿島アントラーズが好きなのかに興味を持ちました。埼玉には浦和レッズという巨大なチームがあるにも関わらず。『浦和レッズなんてクソですよ!』とか言ってましたね。自分の地元ぢゃねーか!と突っ込んでやりました。

ちなみに、この2人の年齢は分からずじまい。年齢の話題になる前に、合コンはお開きとなりました。なんと男幹事のM3がラストオーダーを全員に聞く前に、勝手に会計締めやがりました。まあ、月曜日で23時前だったからとはいえ、せめて全員に『ラストオーダー何かありますか?』とか聞くべきでしょう。最後にウーロン茶飲みたい人だっているかもしれないのに。何だか女性陣云々より、この男幹事M3に腹立ててました(-_-#) ピクッ そして解散時に男女両幹事が全員のLINEをグループにし、お店を出ました。

総括すると、まあこの合コンからの発展はないですね。20時半スタートで、しかも相手が4人もいるので、一人一人と話す時間がやっぱり少ないと感じました。まあ各人の都合があるので、これは仕方ないですけどね。もう少し一人一人と話すことが出来れば、発展の可能性もあるかもしれませんが。

別れた後、グループLINEで、全員が『今日はありがとうございました!楽しかったです!また明日から頑張りましょー』的な内容をあげてました。私も当然同じような内容をLINEしました。『また飲みましょう!』という内容のLINEをしてる人もいましたが、まあ2回目はないでしょうね。本人も社交辞令のつもりでしょう。全員が可能性はないと感じてると思います。

余談ですが、合コン終わった後に大体『また飲みましょう』というメールをしますが、これってまた開催されることはほとんどないですよね。まあ、お決まり文句と思えばいいのでしょうが、何か変な感じです(^。^;) 

でも、3月下旬に大学友人が開いてくれた合コンでは、来週2回目が開催されます!しかも、同じ面子で!これは、私がどうしても2回目を開催したかったので、自ら進んで幹事になり、2回目開催を提案しました。皆それに賛同してくれたおかげで2回目が実現する見込みです。女性2人がとても良かったので、楽しみです☆

 

合コンその1

こんばんは。

昨日は相談所での婚活ではなく、取引先の人が開いてくれた合コンに参加してきました。婚活の一つ?として一応ご報告しときます。

人数は4:4の8人。始まりが女性陣の仕事を考慮して、20時半スタートと比較的遅い時間になりました。

男メンバーは、取引先同僚(M1)、取引先の前職先輩(M2)、男幹事である取引先の高校友人(M3)、わたしの4人。女性陣は、女幹事である取引先の飲み友達(F1)、そして、その飲み友達の友人3人(F2,F3,F4)でした。

男性も、そして女性陣同士もほぼ初顔合わせという、全員が手探り状態での合コンとなりました。私を誘った肝心の取引先の人は直前でのドタキャンで来ず。。

8人もいるもんですから、必然的に4対4となりました。最初の席順で自然とペアが決まり、男性陣は私と男幹事M3のペア、M1とM2がペア。女性陣は、女幹事F1とF2、そしてF3とF4がペアとなりました。

最初我々のペアは、女性F3とF4ペアとのトークとなりました。F3とF4同士も初顔合わせという事態で、全くトークが盛り上がりません(+。+) 流石にこれはまずいと思い、頑張って仕切ろうとしました。しかし、私のペアのM3が自分が幹事だと言わんばかりに、お前はすっこんでろ的な臭いを出してきました。飲み物頼もうとしたら、そいつが、

『いや、まだ女性陣が選んでるから』と遮られたりして、こちらが先導したトークを展開出来ません(x_x) 隣の4人はそこそこ盛り上がってるというのに。。

じゃあ、お前(M3)がこのグループを盛り上げろや!と思ってこちらが大人しく黙ってると、もうほんとお通夜状態( ̄。 ̄;) 『ダメだこの幹事わ…』と思い、こいつを無視してこちらが勝手にトークを展開し出すと、女性F3とF4も徐々に緊張が解けてきて、少しずつ喋るようになってきました。こっちはダテに婚活市場で戦っているわけじゃありません。自然とトーク力に磨きがかかっているのでしょう。

ちなみに、話を聞くとF3は病院事務、F4は税理士事務所で事務をやっているとのこと。F4は、今回の4人の中では一番可愛かったですね。一方のF3は、失礼ながら正直ちょっと微妙。。女性版アキバ系といった感じです。F4が可愛いということもあってか、てっきり一番若く見えましたが、歳的にはF3と一緒で31歳でした。マジで20代に見えたので驚きです。ちなみに、男幹事のM3も同い年の31歳。私以外全員アラサー。。(;´Д`) 歳を聞いた瞬間何だかここに居ていいのか、不安になってきました。

お互いの自己紹介的なところを一通り喋ったところで席替えとなり、今度は女幹事であるF1とF2のペアとのトークとなりました。

(続く)

仏像マシンガントークガール

こんばんは。

本日は29歳商社Kさんとのファーストコンタクト。28歳ではなく、29歳の間違いでした。ここ最近で29になったみたいですね。

プロフィール写真では、可愛らしい笑顔でえくぼがくっきり出ていましたが、実物は写真より良かったのではないでしょうか。普通は写真>現物のパターンの方が多いですが、こちらのパターンの方が嬉しいです♪ 実際笑ったときのえくぼも可愛いらしかったです。

それにしても、やはり29歳というのは若いですね~。いや、決して世間的には若くはないのでしょうが、こと婚活界に限っていえば、かなり若いと言えるでしょう。女性から大バッシングを受けることを承知で申し上げると、今までお会いしてきた方よりもやはり若さを感じます。

一般的に婚活界では、男は若さを、女は年収をお相手に求めるそうです。結婚相談所の人がそう言ってました。その法則からすれば、このKさんは相当モテていると推測されます。

してKさん。話してみると、メチャクチャ喋る!まずは住まいについてのトークから入ったのですが、自分の住んでる沿線や駅のこと、商業施設のことなど、一つの質問から派生して色んなことをしゃべってました。仕事や趣味のことでもそうです。まあ、よくこんなに喋ることがあるなあと思いつつ、話を聞いていましたσ(^_^; 

Kさんは、普段神社で御朱印をもらったりするのが趣味らしく、『神社ガールなんですか?』と尋ねてみると、

Kさん『いや、今となっては神社も好きなんですが、実は元々仏像が好きなんです!京都の清水寺の近くにある仏像を見てからハマってしまって、そこから神社にも行くようになったんですよ。』

なので、正式には「仏像ガール」ということが判明しました。当然周りに同じ趣味を持ってる友達はいないらしく、独りで行くことが多いそうな。まあ、そうでしょうね(^。^;) 仏像好きの人は初めてです。

旅行に行くのも好きらしく、泊まりがけだけでなく、日帰りで島根に行ったりもしたことがあるそうです。年間7~8回は旅に出るということで、行動力があるなと思いました。

ただ、私と合わないなと思ったのは、Kさん下町が好きではないこと。生まれも育ちも横浜の綺麗な街だということもあってか、下町の雑多なゴミゴミした感じが苦手だそうです。一方で私は下町の懐かしい昭和の街並みやお店が大好きで、綺麗なところよりそういう場所を好みます。この違いは生まれ育った環境や感性にもよるので、仕方ないでしょうね。

それと、お喋りなのは全然いいのですが、こちらに対して質問しなさすぎですね( ̄。 ̄;) コンタクト中、『どこに住んでるんですか?』という質問しかされてない気がします。私の仕事や趣味のことは、全く聞かれていません。趣味の話題のときに、『私は土日に(軟式)テニスしたり、読書位しかやることないですね~』と自分から情報発信したのですが、『あ、そうなんですねー。』位のリアクションだったので、これ以上自分の話をするのを止めました。恐らく、あまり興味がなかったのでしょう…(+_+) 

結局何だかんだで一時間半くらいお店にいたでしょうか。Kさんが話すのに一区切りついたところでお店を出て、お別れしました。

コンタクト回答については、私はお見送りの回答を出しました。最大の理由は、やはり自分の話しかしないことです。コミュニケーションは、キャッチボールが基本。いくら話を聞くのが好きな私でも、あまり一方的すぎる会話はきついっす。会話の理想は相手:自分=7:3位ですかね。まあ、8:2でもOK。でも、今回のコンタクトは9.5:0.5です。とてもコミュニケーションとは言えません。確かに29歳という若さには一瞬グラッと揺らぎましたが、それ以上に大事なことがあります。

というわけで、残念ながら20代女子との交際は成立しませんでした。

話は変わりますが、若干今流れがきつつあるかもしれません。人生にはいい流れのときと、悪い流れの時があります。まだ分かりませんが、今そのいい流れのときかもしれないのです。

実は先日取引先の人に合コンに誘われ、明日合コン行ってきます!4対4で、女子はアラサー4人組だそう。いい出会いがあるかも♪

また、つい2週間ほど前にも、このブログの読者の一人でもある大学時代の友人にも合コンを開いてもらい、なかなかいい出会いがありました。その時出会った2人とは、同じ面子で再来週また飲む予定があります。

一方で相談所での婚活は、3人と仮交際中。ちなみにそのうちの一人、31歳秘書Eさんとは12日に四次面接予定です。

忙しい日々ですが、夏になる前に勝負をかけるつもりで、 頑張りたいと思います(^_^)ノ

最低ですわ。。

こんばんは。

昨日は、34歳広告宣伝Nさんとの三次面接に行ってきました。四次面接かと勘違いしてましたが、今回で三次面接でしたね。すでにお分かりのことと思いますが、私はファーストコンタクトは一次面接に含んでいません。コンタクト後の交際成立後のデートからを「面接」としています。

以前前述したとおりですが、今回もNさんが自分からお店を予約してくれました。最近忙しい日々が続いてましたので、ほんと嬉しい限りです☆これだけでポイントアップです。

今回取ってくれたお店はビルの地下に入っているスペインバル。金曜日ということもあってか、満席でした。

お店の前で待ち合わせをしたのですが、実はこのお店に入るまでの出来事があるポイントになりました。私はほぼ時間通りにお店に着いたのですが、到着したとき既にNさんっぽい人が下を向いてスマホをいじってました。「ああ、きっとNさんだろう」と思って近づいたのですが、全く気付く素振りもなくずっとスマホをいじり続けています。何となくそのNさんっぽい人の周りを一周したものの、ずっと下向いていて気づかないので段々自信がなくなり、「あれ?また人違いかな?」と思い、お店確認のため、その場を一旦離れてフロアマップを見に行きました。それをみて、お店が間違っていないことを確かめた上で再度戻ったら、ようやくそのNさんっぽい人がこちらに気づいてくれました。そう、やっぱりNさんだったのです。後述しますが、この何気ない出来事が、Nさんを傷つけてしまっていたのです。。しかし、私はこの時それに気づいていませんでした…

お店に入り、テーブル席は予約取れなかったということで、カウンター席に案内されました。

緊張のためか、最初は何となく硬さがとれないNさんでしたが、徐々に自分から話し出しました。最近の仕事のことや職場のこと、最近休日何をしているかなど、まあありきたりの会話です。話の中で、私は以前に聞いたことを何回か質問してしまい、またまたNさんに怒られてしまいました。

Nさん『ちなみに!それ前に食事したときも同じこと言ったからね!覚えてないんでしょ?ほんと信じられない!誰かと勘違いしてるんじゃないの!?』

私『ご、ごめんなさい(゚Д゚;)!決してそういうわけでは(x_x)』

これまでの面接で、どういう会話をしたか、正直あまり覚えてないんですよね… ほんとNさんには失礼なことをしてしまっています。真摯に反省しなければなりません。ただそれでも、Nさんの素敵なところは、咎めながらも何となく仕方ないよね的なことで理解してくれてるということ。といっても、これは私の勝手な解釈なんですがσ(^_^; 本来なら、怒って途中で帰られても不思議ではありません。心の広いお方だと素直に思います☆

今回の面接では、あまり恋愛や結婚についての会話はしませんでした。あえてしなかったわけではなく、何となくそういう話題にいかなかっただけですが。

しかし三次面接ともなれば、お互いそろそろ真剣交際するかどうかを意識する段階です。真剣交際にいかない場合は斬ることになるのです。Nさんは本当にいい方で喋りやすく、自然に自分を出すことが出来ます。また、恐らく付き合いだしたら、すごく尽くしてくれそうな気がします。ただ、後はやはりNさんに対する恋心ですね( ̄。 ̄;) 今のところ何とか自分のものにしたい!という感覚がついてきません。36歳団体職員Mさんのときと同じ、ここがやはり真剣交際に移行するかとうかのポイントになりつつあります。

余談ですが、今回のNさんとの面接を会社の人に発見されてしまいました。カウンターで二人で会話してるときに、声をかけられました。

会社の人『あ!Takebayashiじゃん!何やってんだ、こんなとこで』

私『(げ!み、見られてしまった(;´Д`))あ!ど、どうも。。お疲れ様です』

何やってんだぢゃねーよ、見りゃわかんだろ。面接してんだよ!と思いましたが、最悪ですね、これわ。 会社の隣の駅でしたが、まさかこんなところに飲みに来るとは。これだけお店がある中でツイてないです。。その後ぞろぞろ追加で会社の人が合流し、合計10人位に見られました。まあ、私は会社では地味な存在だから噂にもならんでしょう。気にしないことにします。

Nさんと別れたあと、私は本日のお礼とともに、前回の会話の内容などを忘れていたことを謝りました。ところが、それに対してのNさんの返信で、それとは別のことで傷付けていたことが分かりました。

『忘れていたことは、今度デザート奢ってくれれば許す笑 けど…待ち合わせでスルーされたときのほうがショックだった。私はすぐわかったのになぁ』

そう、冒頭に前述した行動が、Nさんを傷付けてしまっていたのです!私は、何とか誤解を解こうとしましたが、Nさんに対してほんとに最低な行動ばかりしてしまっています(>_<) こんないい方に、これはいかんです。もう本当に猛省しています。。今度の四次面接で、きちんと謝ろうと思います。四次面接までに斬られなければ、の話ですが。 

 

して、明日は、28歳Kさんとのファーストコンタクトです。20代女子と話が合うかしら。こちらの様子も、また報告したいと思います。

迷ったときは・・

こんばんは。

本日は、34歳不動産賃貸管理業のKさんとのファーストコンタクトでした。

実に約1ヶ月ぶりのファーストコンタクトでしたので、久々緊張しました。どんなトークすりゃいいんだっけ?などと考えてた位ですから、ここ最近は怠けてた証拠ですね(>_<) いや、というより、そんなに緊張感のない中での婚活をしていたんでしょうかね。実際コンタクト後の面接は一度会った後なので、ファーストコンタクトほどの緊張はしません。

さて、Kさん。事前にみていたプロフィール写真では着物姿とドアップ写真の2枚ありましたが、どちらもお顔だちが綺麗でした。特に着物姿は綺麗というよりも美しいという言葉が似合ってた位です。で、実際会ってみると、ほぼ写真通り!とても綺麗なお方でした。

ただ、体型のことを言っては本当ダメだと分かってるのですが、残念だったのは、ちょっとガリガリなところです。太っててもダメだし、痩せすぎなのもやっぱダメなんですよねー… ちょっと位お肉がついてるくらいが一番いい。自分のことを棚にあげておいて贅沢言うとはほんと最低ですね、このTakebayashiという野郎は(+_+) 薄汚れています。。

そんなKさんのトークについては、普通にコミュニケーション能力があるなと思いました。こちらからの質問に答えたら、きちんとそれと同じ質問を私にしてくれました。当たり前のようでいて、この当たり前のことをしない方がとても多いので、この点はgoodです☆

それとKさんについて良いと思った点は、渋いところに住んでいること。具体的地名までは出しませんが、『え!女性でそこ住むの!?』というくらい渋いところです。私は降りたことない駅ですねσ(^_^;

一般的に女性というと、吉祥寺とか自由ヶ丘とか中目黒に住みたいという方が多い気がしますが、Kさんはそういうところよりも、ただ静かな所に住みたいのだとか。こういう好みは私と似ていて共感が持てます。

そんなにリア充じゃないっぽいところも好感持てます。話を聞くと休日は結構暇してるっぽいです。一日中家にいて愛犬と戯れてることもあるとか。私も同じ非リア充なので、これもgood☆ 非リア充は同じ非リア充を好むものです。もっとも、Kさん本当はリア充なのかもしれませんけどね。

ただ、気になったのは何回か訪れた沈黙。。話はよく聞いてくれますが、そんなにガンガン喋る方ではないようです。私も自分から喋るというより話を聞く方なので、気まずい沈黙が何回かありました。やはり私はお喋りな方を好むようです。

コンタクトを終え、回答に迷いましたが、私はお見送り回答をしました。

相談所からは、『迷ったときは是非OK回答を出すようにしてください』と入会時に叩き込まれています。斬ったら元に戻らないので、後々後悔する可能性があるためです。なるほど確かにこれは一理ありますが、私はあえて別の方針を採っています。すなわち、『迷ったときは斬れ』の法則です。

というのは、迷っている時点で、その方は微妙ということだから。そして、迷っている微妙な方は、その後評価が上がる可能性は低いと思っています。実際、斬って後悔した事は私は一度もありません。

それと、Kさんより既存の交際者を優先すべきかなと思ったのもお見送りした理由です。交際者は既に3人いますし、これ以上増えると流石に手が回らなくなります。3人と面接を重ねるだけでも正直結構いっぱいいっぱいなのです(^。^;) 既存の交際状況に変化があるまで、相当いい!と思った方でないと、交際はしない予定です。

明後日は34歳広告宣伝のNさんとの四次面接です。そして日曜日は、28歳の方とのファーストコンタクト。20代の方とのファーストコンタクトなんて初めて?かも。20代女子がよくアラフォー野郎にコンタクトOKしてくれたものです。貴重な経験となりそうですわ。