読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー前半野郎の婚活

いわゆる婚活を始めてはや1年。今年中の結婚を目標に、日々婚活奮闘する模様をダラダラ書いていきます。

現物と写真のギャップ

今日はトリプルヘッダーの予定でしたが、28歳財務のSさんに仕事都合でドタキャンされ、ダブルヘッダーとなりました。1日3試合はかなりハードなので、正直助かりましたね。

■1試合目:31歳養護教諭のNさん

養護教諭とは、要するに小学校保健室の先生のことです。この方はプロフィール写真ではドンピシャだったので、かなり楽しみにしてました。ましてや、保健室の先生なんて昔の憧れ的な存在でしたからね。職業的にも期待値高しでした。

ところが、そんな期待は会った瞬間一瞬にして消滅しました。。プロフィール写真通りのNさんはそこにはおらず、そこにいたのは、お世辞にも表情が明るいとは言えず、うつむきがちなNさんでした。声も小さく、最初何を言ってるのかよく分かりませんでした。

まあ、正直写真と現物が違うことはよくあります。特に驚きはしませんでしたが、現物が写真を上回る方が、やっぱりテンション上がります。

「やってもうた…orz」こう思わざるを得ませんでしたが、さすがにここで帰るわけにもいかず、喫茶店に向かいました。

ただ喫茶店でも、答えは既に決まってしまっているので、こちらのトークに力が入りません。意識はどうやって早めに切り上げるか、にばかりいってしまっていました。

案の定トークも盛り上がらず、こちらから聞きたいことも特に無くなったので、そろそろ解散を切り出そうとしてたころです。Nさんが独りでガンガンしゃべり始めてしまったのです。どうやら「食事でなにが好きか」というテーマでスイッチが入ってしまったようです。食に対する熱い思いを語られてました。私はふんふん聞いてるだけ。この話題を振ってしまった自分を責めました。

そんなNさんでも好感を持てたのは、仕事に対する姿勢です。

Nさん『私、仕事のスキルアップにつながる本が大好きなんです。もっと色々知識を吸収したいと思ってます!』

私『ほう』

この向上心は見習うものがあるなと純粋に思いました。答えは変わりませんけどね。

そんなこんなで、会話が途切れたころを見計らって解散しました。

申し訳ないですが、Nさんには「交際NO回答」をだしました。残念ながら、ちょっと現物と写真のギャップがマイナス方向に大きすぎましたね。

■2試合目:36歳ディーラー事務Mさん

車ディーラー会社の事務職Nさんは、プロフィール写真でスイーツを食べて笑ってる顔が素敵だったので、コンタクト希望した方です。

この方は1試合目のNさんとは逆で、写真より現物の方が良かったです。話してる時によく笑っておられましたが、その笑顔はまさにプロフィール写真通り。やはり、こうでなくちゃなりません!

表情も生き生きとしてて、トークもなかなか軽快♪ きちんとこちらに話も振るし、こちらの話も聞いてくれるし、何で婚活界にいるんだろうと思ったくらいです。

実家暮らしですが、家のこともよくやっておられるようですし、ヨガやショッピング、旅行などにも頻繁に出掛け、非常にアクティブ。友達も多そうです。終始特にマイナスポイントは見つかりませんでした。

話が盛り上がってしまい、気づけば1時間半位経ってました。ファーストコンタクトで1時間半は最長記録です。

このディーラー事務Mさんに対しては、文句なしでOK回答を出しました。是非もう一度食事に行きたいですね。その時は、何故婚活始めたのか、グイグイ聞いてみたいと思います。

ただ、このMさんも私と家が遠いんですよね( ̄。 ̄;) 本人のせいではないですから仕方ないにせよ、面接が続いた場合はなかなか大変になりそうです。。

 

別件ですが、交際成立した小学校先生のKさん。一次面接日程が決定いたしました。

来週28日にランチです。

そして、36歳団体職員のMさんとの二次面接は、25日です。カレーを食べに行きます!