読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー前半野郎の婚活

いわゆる婚活を始めてはや1年。今年中の結婚を目標に、日々婚活奮闘する模様をダラダラ書いていきます。

一方通行のコミュニケーション。。

こんばんわ。

本日は30歳新島八重ことKさんとの一次面接でした。ランチをしてきました。

待ち合わせは12時。私は5分前に到着しましたが、時間になってもKさんは現れません。おかしいなと思ってスマホをみると、『12時に着く電車に乗ってしまったので、到着少し遅れます。ごめんなさい!』とのこと。そういえばKさんは、こないだのファーストコンタクトの時も若干遅れて来てました。 少し時間にルーズなのかもしれません。まあ、事前に遅れるという連絡をもらってるので、さほど気にはなりませんけどね。

合流した後は、予めランチ予約をしておいたイタリアンカフェへ。土日の繁華街のランチはやっぱり激混みだったので、予約しといて良かったです。

Kさん、今回は前回よりもカジュアルな感じでしたが、大人っぽく見えました。黒いニットを着ていたからでしょうか。前回は白ニットでしたが、私は白ニットより黒ニットの方が好きなんだということをこの時認識しました。

さて、ファーストコンタクト時に気になっていたKさんの特徴は、自分の話ばかりして、こちらに問いかけをしてこないことでした。今回もやはりその流れは継続で、こちらから質問を投げ続ける展開でした( ̄。 ̄;)

その中で新たな発見をしたのは、まずKさんは大のJ好きだということ。JはJでもメジャーどころではなく、まさかのジュニア好きでした。周りにJ好き女子はいないのでちよっとビックリしましたが、人の趣味好みなんて人それぞれです。ただ、小学校先生がJジュニアに熱狂しているのには、なかなか面白いものを感じます。

そして、Kさんは趣味が幅広い。薙刀のほか、Jのライブ、美術館、舞台、水族館めぐりと事欠きません。SNSを通じた仲間でよく一緒に行くらしいです。こんなに趣味があるのは正直うらやましい限りです。かなりアクティブなお方のようです。

話もまあまあ続いていたので、この流れでKさんの恋愛観や婚活についての話も振ってみました。

Kさんは、最初に好きにならないと、絶対に付き合いたくないそうです。「とりあえずいい人そうだからつき合ってみるか」という感覚はないらしく、最初から恋愛感情がないと無理ってことらしいです。

『でも、それじゃなかなか恋愛関係になるのは難しくないですか?』と聞いてみると『そうなんですよー。だから、それが悩みなんですけど、こればかりはどうしようもないんですよね。。』とのこと。

確かに、これから自分の恋愛スタンスを変えるのはなかなか難しいことかと思います。でも、付き合っていくうちに後々恋愛感情が出てくることもよくあるような気がしますけどね。ちょっともったいないなーと思ってしまいました。

あと、彼氏がJ好きであることを許容してくれることが、絶対条件と言ってました。まあ、そりゃそうでしょうねσ(^_^; ちなみに私は別にその点は気にしていません。

 結局1時間半位ランチをし、Kさんは美術館へ行くということで、お別れしました。

最終的に今回も、私が会話の質問を投げ続けるという流れで終わりました。Kさんはアクティブでいい人だし、愛嬌もあって可愛らしい方ですが、この会話の流れがずっと続くのは正直しんどいかもしれません(+_+) 

私は質問を色々な角度から投げ続けられる、スタミナのあるピッチャーだと自負しています。だから、相手がしゃべる方であれば、ある程度会話を続けることが出来るのですが、どんないいピッチャーでも球を投げ続ければ肩を消耗します。疲れます。 当たり前ですが、やはり会話は双方向のキャッチボールをしないと、実のある持続的な会話は難しいのです。

私は今回Kさんのことを、前回より色々知ることは出来ましたが、Kさんは私のことをどれだけ知ることが出来たでしょうか。私も彼女からの質問に頼らず、もう少し自分の話を自分からすべきだったのかもしれませんけどね。。

Kさんは私のことを、今回の面接を経てどう感じたかは分かりませんが、私はあと1回は面接をしようと思います。ただし、次回もこの流れが継続するようであれば、斬ることも視野に入れるしかありません。その前に私がKさん自慢の薙刀で斬られるかもしれませんが。。

 

※今週の予定

2日:34歳会計監査Mさんとファーストコンタクト

4日:36歳ディーラーMさんと一次面接