読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー前半野郎の婚活

いわゆる婚活を始めてはや1年。今年中の結婚を目標に、日々婚活奮闘する模様をダラダラ書いていきます。

同僚からの紹介婚活

23日の木曜日は、会社同僚の知り合いを紹介してもらうという飲み会でした。相談所での婚活ではないですが、これも婚活の1つなので、ご報告しときます。

メンバーは、私と会社同僚(男・既婚者)、その同僚の友達2人(女)の計4人。ただ、女性2人のうち1人は既婚者だったので、実質私とそのもう片方の女性の引き合わせ的な感じでした。ここで、既婚者女性をMさん、独身女性をCさんとします。

同僚から事前に「期待すんなよ」と言われていたので、まあ正直期待は持っていませんでしたが、それでもやはり一抹の期待を持ってしまうのが人間ですよね。この日も、微かな期待を胸に飲み会にのぞみました。

ただ、やはり同じ男の言うことは正しいですね。Cさん、お顔さんでちょっと無理でした。。というより、体型が私よりも大きいのでは!?という位だったので、出会って早々に微かな期待はなくなりました。

飲み会自体はまあ、普通に楽しかったです。ただ、私の同僚が飲み会での下ネタが大好きな男で、彼の下ネタトークばかりだったのがよくなかったですね。私も嫌いではないですが、彼は何かにつけて下ネタに絡めるので、さすがに嫌になってきます。毎回のことですが(+_+)

MさんとCさんは、過去何回も私の同僚と飲み会をしてたらしいので、その下ネタトークには慣れていました。彼女らが下ネタに嫌悪感を出せば、その話は無くなったはずですが、苦笑するんです。なので一軒目は彼の下ネタトークしか覚えていません。後はCさんがホテルに勤めてて、休みの日は中目黒や銀座に食べ歩きに行く位ですかね。

私はCさんと継続して面接するつもりも無かったので、連絡先とかも交換せず帰るつもりでした。ところが、お店を出てエレベーターに乗る前に、私の同僚が、

『そう言えば2人連絡先交換してないよね?』などと余計なことを言い出しました。

私は、こいつ何を余計なことを云やがる( ̄。 ̄;)と思いましたが、そんな流れで断ることもできず、CさんとLINEを交換しました。

一軒目を出た後、私は翌日も早いし帰りたかったのですが、その場で私の同僚がまた余計なことを言い出しました。

『2人(私とCさん)でどっか行けば?』

こいつ人の気も知らないで(-_-#)、と微かな怒りを覚えながら、2人で行くのはさすがに嫌だったので、何とかあとの2人も連れてバーに入りました。

二軒目のバーで、私の同僚とMさんが一杯目を飲み終えた時、Cさんがトイレに行っていました。嫌な予感がしたのと同時、私の同僚が、『じゃ、ここで俺ら(同僚とMさん)帰るから後はよろしく!』と言い残して帰りやがったのです。

さすがにCさんがトイレにいる間に帰るのはまずいので、仕方なく私は腹を決め、後はCさんとマンツーで飲むことにしました。Cさんがトイレから戻ってくると、2人がいないことに若干困っていましたが、彼女も2人で飲むことに腹を決めたようでした。

ただ、急に4人から2人になると、トークが盛り上がらないもんですね… 頑張って喋ろうとしましたが、何だか微妙な空気のまま終わってしまいました。 私の同僚とMさんは、始めから二人きりで飲まそうと企んでいたのでしょうが、あからさますぎるんですよね。。 こういうときは、普通に4人の楽しい雰囲気のまま終わった方がいいのに。

翌日の夜、私より前にCさんからこのような御礼のLINEが来ました。

『昨日はありがとうございました!楽しかったです☆またぜひご飯よろしくお願いします!』

私も一応『昨日はありがとうございました。またご飯行きましょう。』と返信しましたが、残念ながら私から誘うことはないですね。

てなわけで、私の同僚からの紹介婚活はうまくいきませんでした。 当日は、同僚に対してちょっとムカついてましたが、今はこういう場を作ってくれたことに感謝しています。何とかしてやろうというその気持ちは、やはり嬉しいものですね。

さて、それとは別に、31歳秘書Eさんと、本日三次面接がありました。これについては、また追ってご報告します。明日も、34歳広告宣伝Nさんとファーストコンタクトがあります。忙しいす