読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー前半野郎の婚活

いわゆる婚活を始めてはや1年。今年中の結婚を目標に、日々婚活奮闘する模様をダラダラ書いていきます。

モヤモヤTakebayashi

こんばんわ。

昨日の31歳秘書Eさんとの三次面接について、ご報告します。

前回のEさんとの二次面接報告でこのブログに、Eさんには恐らく斬られるだろう的なことを書きましたが、結果的には三次面接までこぎ着けました。斬られてもおかしくないEさんからのリアクションでしたが、私の予測が外れましたね。

余談ですが、私は「これをやったら斬られる」「このリアクションじゃ脈無し」というようなことが、長年負ってきた無数の傷で分かるようになりました。ただ一方で、「これをやった方がモテる」とか、「こういう言葉をかけたら上手くいく」というような、恋愛成功マニュアル的なことは今でも分かりません。てか、それが分かってたら今頃結婚してますよねσ(^_^; 

なので、前回のEさんのリアクションや面接後のメールは斬られる前兆であったのに、斬られなかったことにちょっとビックリしました。まあ恐らく、これがEさんの普通なのでしょう。

さて、今回のEさんとの三次面接は飲みだけではなく、まずは映画を観に行きました。

観た映画は『愚行録』。本来なら『相棒 劇場版Ⅳ』を観たかったのですが、これは完全に自分だけの趣味になるので、さすがに控えました。『愚行録』は原作は呼んだことないですが、ちょっと面白そうだったのでこれにしたのですが、いかんせん内容が暗い( ̄。 ̄;) 爽やかな善人が全く出てこない映画でした。。

ただ幸いなことに、Eさんもこの手の映画が意外と好きだったらしく、見終わった後は、映画のシーンについて、結構盛り上がりました。 まあ、結果オーライってとこですかね(^。^;)

映画を観終えた後は、予め予約しておいた鉄板焼き屋へ。ビールで乾杯し、野菜焼きや肉などを適当につまみながら、観た『愚行録』のことや好きな映画、最近の出来事など、とりとめのない普通の会話をしました。 今回は恋愛についての会話はあまり無かったです。

その中で私は、前回の二次面接で聞きそびれた、気になっていたEさんの自立性について、少し質問をしました。『料理とかするんですか?』『掃除とか洗濯はご自分では全くしないんですか?』『家の事とかはどうしてるんですか?』などなど。

話を聞くと、意外なことにEさんたまに料理はやっているそうです。昨日両親がたまたま一週間の長期旅行に行っている最中だったそうで、この間外で食べる以外は、全部自分で家で自炊してたということです。掃除とか洗濯もしていたということで、何でも全て親任せにしてはいなかったことが分かり、ちょっと安心しました。

ただ、Eさんとはこれでファーストコンタクト含めて4回会ってますが、あまり距離が近づいてる気がしません。 未だにお互い敬語使ってるし、Eさんは今でもキョドって顔見て話さないし、全く本音でしゃべれていない気がします。気を遣いながら、お互い相手の顔色みながら喋ってるという感じでしょうか。正直本心で楽しいとまでは言える状態ではありません。

Eさんの自立性疑惑も解消されたことですし、状況的にはこのまま一気にたたみかける状況ではあるのですが、心情的にはなかなかそこまでいっていません。もう少しやっぱりお互い本音でトークできる位までいかないとダメですね。。ただ、このまま面接を重ねることで、果たしてEさんと距離が縮まるのかな…と不安です。てか、そもそも私がEさんと距離を縮めたいのかどうかも分からなくなってきましたわ。。Eさんは、どのように考えてるのか、分かりませんが。

そんなわけで3時間ほど飲んでからお店をでて、駅で解散しました。ちなみに、次回約束は取りつけていません。

何だかEさんとも、こないだ斬った団体職員Mさんと似たような状況になりつつあり、モヤモヤしています(´д`)