アラフォー前半野郎の婚活

いわゆる婚活を始めてはや1年。今年中の結婚を目標に、日々婚活奮闘する模様をダラダラ書いていきます。

強き女

こんばんは。

昨日、先週コンタクトして交際成立した32歳Aさんと一次面接に行って参りました。

といっても前々から日程決まってたわけではなく、当日に急に面接が決まったのです。

先週コンタクト成立後、すぐに御礼のメールをし、同時に速攻で一次面接の申し込みをしました。ところが、その申し込みに対し、全く返信が返ってきませんでした。翌日になっても、翌々日になっても返信が来ず、(一体この人は何故交際成立させたんだろうか?)と思わざるを得ませんでした。

もう別にどーでもいいや、と思っていた時、昨日のお昼頃Aさんからメールが。『土曜日如何お過ごしですか?近々時間あったら、ランチかお食事に行きましょう♪』

(何だこれわ?まさか、ガチでメール気付かなかったってオチか!?)と思い、『こないだお誘いのメール送ったんですが、気づいておられないですか?』と返したところ、『!!ほんとスミマセン!!本当に気づいていませんでした(>_<)』とのこと。そんな流れで、その日の夜に食事しようということになり、行ってきたわけです。

場所は、神奈川の某ターミナル駅。Aさん、何かファーストコンタクトのときのような結構フォーマルな格好で現れました。私は完全にラフな格好で行ってしまったので、ちょっと不釣り合いになってしまいました(>_<)

お店への移動中も、お店に入ってからも、お互いちょっと緊張していたのか、あまり会話が弾みません。最初は無難に食事やお酒の好みの会話などをしていたのですが、あまり好みも合わず、すれ違い( ̄。 ̄;) 

Aさんは、魚介類好き、辛いもの苦手、ワインと日本酒好き。私は魚介類より肉好き、辛いもの比較的好き、ワインと日本酒は飲まない。私はカレー好きですが、Aさんはほとんど食べることがないとか。ほぼ真逆で、食にかけてはあまり共通点を見いだせませんでした。

そんな中でも、お酒を飲み進めるにつれ、婚活に関する話題になりました。Aさん、思った通り結構ガンガン言うタイプらしく、相談所コンシェルジュに対して愚痴ってました。

Aさん『私は170cm以上身長あって、30代がいいのに、160cm代の人とか40代の人ばっか紹介してくるんですよ!どう思います?』

私『だったら、それを担当コンシェルジュに素直にぶつけたらどうです?』

Aさん『私もそう思って、こないだぶっちゃけてやりました。そしたら、徐々に変わっていったんですよ!良かったです』

私『(結構なことだ) じゃあ、良かったじゃないですか。』

だんだん色々ぶっちゃけてきたので、Aさん好みについても聞いてみたところ、

Aさん『想像力のある人が好きです。例えば私が言ったことに対して、ふーんそうなんだで終わる人じゃなく、それってこういうことでしょ?って返してくれるイメージかな。』

(果たしてそれは想像力というのか?)と疑問がわきましたが、なかなか面白い好みだなと思いました。私がそれに当てはまるかどうかは微妙なとこですが。 ただ、聞いてると結構男を見る目は厳しそうな感じでしたσ(^_^; 

ある程度想像していましたが、やはりAさんは「強い」イメージ。気も強いし、口達者だし、口げんかなんかしたら絶対叶わないと思います。私なんか頼りなく写るんじゃないかなーと思ってしまいましたが、はてさて…

後半戦は会話も弾み、なかなか楽しい時間を過ごすことができました☆ Aさんは誰か話し相手がいないと寂しいっていうタイプらしく、本当によく喋ります。結構グイグイ来てちょっと面倒なところもありますが、明るい方で、今のところ比較的好感を持っています。

次回約束までは取り付けていませんが、Aさんに斬られなければ、次回二次面接に進もうと思います♪

広告を非表示にする